熱中症の症状

前回に引き続き、今回も熱中症についてのお話です
熱中症は、立ちくらみやだるさ、頭痛、めまい、吐き気など軽い症状から、
40℃以上の高熱、意識障害、けいれんなど命にかかわる重症なものまで、
段階的にいくつかの症状が見られます。


熱中症の重症度は具体的な治療の必要性の観点から、
Ⅰ度(現場での応急処置に対応できる軽症)
Ⅱ度(病院への搬送を必要とする中等症)
Ⅲ度(入院して集中治療の必要性のある重症)

に分類できます。



詳しくお話すると、、、


Ⅰ度(軽症)の症状は、
「熱失神」、「熱けいれん」、大量の発汗などです。


「熱失神」は、皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こり、
立ちくらみやめまい、一時的な失神、顔面蒼白、脈が速くて弱くなるなどの様子が見られます。

「熱けいれん」は、発汗に伴う塩分(ナトリウムなど)の欠乏により起こり、
筋肉のこむら返り、毛足が攣る、筋肉がけいれんするなどの様子が見られます。


対策としては、
涼しい所に避難して体を休ませて、
衣服をゆるめ体から熱が逃げるのを助けて、
水分・塩分を補給しましょう


Ⅱ度(中等症)の症状は、
「熱疲労」と言われている状態です。

大量に汗をかいたのに水分の補給が追いつかないと、体が脱水状態になり、
頭痛、全身の倦怠感、吐き気や嘔吐、虚脱感などの様子が見られます。


対策としては、
涼しい所に避難して体を休ませて、
衣服をゆるめ体から熱が逃げるのを助けて、
水分・塩分を補給しましょう。
水分・塩分を補給することが自分で出来なければ、
すぐに病院へ連れて行きましょう


Ⅲ度(重症)の症状は、
昔から「熱射病」と言われている状態です。

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態で、
体温が高くなり高熱が出る、呼びかけや刺激への反応がおかしい、
体がひきつける(痙攣)、真っ直ぐに歩いたり走ったり出来ない、
意識障害などの様子が見られます。


対策としては、
首やわきの下、足の付け根などを氷や冷水などで冷やして体温を下げ、
早急に救急車を要請しましょう


熱中症になって最初は軽症でも、
放置するとあっという間に重症化することもあるため、
油断は禁物です。

大したことないから大丈夫だと無理することはやめて、
ちょっとでも調子がおかしいと思ったら、
まずは涼しい場所へ避難して休みましょう

"熱中症の症状" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント