ストレートパーマと縮毛矯正の違い

前回はストレートアイロンの使い方についてお話しました。
ですが、いくらストレートアイロンを使ってさらさらな髪の毛になっても、
水で濡らしてしまえば、また元のくせ毛に戻ってしまいます
いつまでもさらさらストレートヘアーでいたいという方には、
現時点ではやはり縮毛矯正が1番です。


だけど、理美容店ではストレートパーマというメニューと、
縮毛矯正っていうメニューがあるかと思いますが、
いったいどう違いがあるのでしょうか?



縮毛矯正もストレートパーマも、くせ毛の髪の毛を真っすぐにさせるという目的は同じですが、
仕上がり具合、料金や施術にかかる時間などに大きな違いがあります ( ゚ω゚))コクコク


ストレートパーマは薬剤だけでパーマを落としたり、
髪の毛のボリュームを抑えたりします


チオグリコール酸、システイン、システアミンなどの還元剤を使用して髪の毛の内部の結合をほどき、
櫛で真っ直ぐに梳かした後にブロム酸塩や過酸化水素水などの酸化剤で、
髪の毛内部の結合を結び直します。

ストレートパーマと言いながらも、
頑固なくせ毛を真っ直ぐに伸ばしたりすることは出来ません

ストレートパーマは、髪のくせが比較的弱い方、
ナチュラルなストレートヘアにしたい方、
髪の毛のボリュームを抑えたい方などに向いています。



縮毛矯正はストレートパーマと同じ様に、
還元剤と酸化剤の薬剤を使用しますが、
その間にストレートアイロンを使用して髪の毛を伸ばします

180℃のストレートアイロンの熱によって、
強いくせ毛やねじれまでも真っ直ぐに伸ばすことが出来、
ツヤやまとまりのある髪の毛に仕上がります。


根元からくせ毛や縮れ毛を矯正してしまうため、
髪の毛がストンとしたストレートすぎる仕上がりになってしまいやすいとか、
薬剤に加えて高熱のストレートアイロンを使用するため、
髪の毛に与えるダメージが大きくなるというデメリットに加えて、
施術時間がかかり、料金が高くなってしまうという問題もあります


それでも、前述の通りにくせ毛を真っ直ぐな髪の毛に近づける手段は、
縮毛矯正が1番効果的だと思います (o゚ェ゚))ゥンゥン

当店「カットハウス897」でも縮毛矯正を行っております


男性の方には真っ直ぐにし過ぎないように、
ふんわりと自然な仕上がりになる様に、
そして、できるだけ髪の毛を傷めない様な施術を心がけています。

くせ毛でお悩みの方はお気軽にご相談ください

"ストレートパーマと縮毛矯正の違い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント