感染症予防には液体石鹸が良いの?

前回は手洗いの重要性についてお話しましたが
流水ですすぐだけの手洗いよりも、
石鹸を使った方がより効果が高いことが理解できたと思います

石鹸の成分である界面活性剤には、
汚れとともにウイルスなどの病原体を泡で包み込んで皮膚から剥がす作用があるからです。


石鹸には液体石鹸と固形石鹸がありますが、
一般的には感染症対策には液体石鹸が良いと言われています。


固形石鹸だと他人と供用する場所で使った場合、
石鹸表面には前に使った人の影響が残ってしまう場合がありますが
液体石鹸だと出す度に新しい石鹸液が出てくるので、
前の使用者の影響を受けることはありません。

そのため、感染症予防を主目的とする場合は、
液体石鹸の方が良いと言えるのです。



しかし
製品によってやや違いがあるとしても、
ウイルスを除去する効果に液体石鹸と固形石鹸に大きな違いがある訳ではないのです


他人と供用しない一人暮らしの場合には、固形石鹸でも全く問題ありません。


ただし、固形石鹸の場合には石鹸ケースなどが問題となります。
ここが濡れたままでいると、雑菌に繁殖の場を与えてしまいます

そのため、石鹸は常に乾燥させることが適切です。
可能であれば、石鹸をあらかじめ切り分けておいて、
小さな石鹸として使用するのが望ましいのだそうです。

そして、石鹸が汚れたり、表面がヌルヌルしてきた場合には取り換え時です。


ちなみに、液体石鹸の場合には、詰め替えの時に注意が必要です。
けっして、そのまま継ぎ足すのではなく、
詰め替える前には容器の内部を水洗いして、乾燥させる必要があります。

容器の水洗いと乾燥をせずに詰め替えし続けてしまうと、
容器の中に水分が溜まってきます。
そのような状況では雑菌が増殖してしまいます。


手洗いは感染を予防するためにとても大切なことですが、
雑菌で汚染している石鹸を使用するのでは、
何のための手洗いか分からなくなってしまいますので、
液体でも固形でも、石鹸は常に清潔に保つようにしましょう!







"感染症予防には液体石鹸が良いの?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント