手洗いの重要性

新型コロナウイルス感染症対策に最も大切だと言われている手洗い
われわれ理容師は多数のお客様の髪の毛やお肌に触れるため、
常日頃から人一倍手洗いをしていましたが、
最近は新型コロナウイルス感染症対策のため、
今まで以上にたくさん手洗いを行っています。

おかげで手荒れでカサカサしていまいますが。。。


手のウイルス残存数は約100万個だと言われていますが、
流水で15秒手洗いするだけで約1%の1万個にまで減少し、
ハンドソープで10秒または30秒もみ洗いした後、流水で15秒すすぐだけで、
残存ウイルス数は数100個(約0.01%)となるそうです

さらに、ハンドソープで60秒もみ洗いした後、流水で15秒すすげば、
残存ウイルス数は数十個(約0.001%)となり、
ハンドソープで10秒または30秒もみ洗いした後、流水で15秒すすぎを2回繰り返すと、
残存ウイルス数は数100個(約0.0001%)となるそうです


それだけ手洗いの効果が高いってことなんですねぇ


ただし、せっかく手を洗ってきれいにしても、
その後のちょっとした行為で台無しになってしまうことがあります

濡れた手は乾燥した手の100~1000倍の細菌を伝播する可能性があると言われています。
手洗い後に手が濡れたままだとウイルスが手指に付き、
拡散させる可能性があるので、水分はシッカリ拭き取りましょう



濡れた手でヘアスタイリングしたりしてはいけません。
髪の毛には誰かのくしゃみや咳で飛び散った飛沫によって、
ウイルスが付着している可能性があります。

当然、ズボンやシャツの裾などで手を拭いたりしてもいけません。
こちらにも、何処かに座ったり触れたりして、
ウイルスが付着している可能性があります。

また、濡れたままの手でドアノブなどを触ったりしてもいけません。
ウイルスが付着している可能性のある物を濡れたままの手で触るのは自分も危険なだけでなく、
その後にその手で他のものに触れてしまって、
またウイルスを付着させて拡散させてしまう可能性があるからです。


きれいに洗った手を守るためにも、
ウイルスを拡散させないようにするためにも、
手洗い後にはペーパータオルや清潔なハンカチを使って、
水気をきちんと拭き取りましょう

"手洗いの重要性" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント