汗や皮脂が原因の夏の頭皮トラブル

少し間が空いてしまいましたが、先日に
「皮脂膜は肌の保湿や保護機能を担って、肌トラブルを防ぐ役割をしている。」
というお話をしました。
しかし、皮脂膜は時間の経過とともに酸 化・変質してしまうと、
肌トラブルの原因にってしまいます
また、分泌量の過不足でも肌トラブルの原因になってしまいます


夏は最も皮脂分泌の多い季節で、冬の最も少ない冬と比較すると、
約1.4倍から2倍の皮脂分泌があると言われています。
夏の暑い季節に代謝が活発になることに連動し、
皮脂腺の活動が活発化し皮脂分泌が増えるからだそうです。

また、夏は汗もたくさんかいてしまいます。
汗は上昇した体温を調節する働きを担っているので、
暑くなる夏に汗をたくさんかくのは自然なことなのです。



夏は皮脂と汗の分泌量が多くなる季節ですので、
必然的に皮脂膜もしっかりと作られることになり、
頭皮を乾燥から守ることが出来ます。


しかし、皮脂膜は皮脂と汗が混ざり合って出来るので、
皮膚表面における皮脂と水分のバランスが崩れてしまうと、
様々な肌トラブルが引き起こされてしまうのです


夏は皮脂も汗もたくさん分泌されます。
汗は水分なので蒸発してなくってしまいますが、
皮脂は肌の表面にギトッと残ってしまいます。
すると、頭皮のテカリやベタつきになってしまうのです。


頭皮は顔の2倍の皮脂腺があると言われていて、
皮脂の分泌量が多くなるため、特にベタつきやすい部分なのです。


また、皮脂は紫外線を浴びると酸化してしまいます。
すると、皮脂を栄養としている常在菌も増殖してしまい、
嫌なニオイを発生させたり、頭皮に刺激を与えてカユミを引き起こしてしまいます。



さらに、紫外線を浴びて酸化した皮脂は毛穴に詰まりやすくなってしまい、
毛穴の詰まりから引き起こされる尋常性ざ瘡(ニキビ)や、
場合によっては脂漏性皮膚炎などが発生し、炎症を起こしてしまいます。


他にも、毛穴の詰まると根元の立ち上がりが出しにくくなり、
髪の根元がペタンと倒れやすくなり、スタイリングがうまくできなくなります。

しかも、毛穴が詰まった状態が続くと、
髪の毛の成長を妨げてしまい、将来的には髪が細くなりやすくなり、
抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。



汗や皮脂が原因の夏の頭皮トラブル解消には、
頭皮環境を整えて、汗や皮脂のバランスを保つことが重要なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント