人参の栄養

野菜を作っているお客様から、人参をたくさん頂きました

IMG_5526.jpg


緑黄色野菜の定番の人参は、どちらかと言うと、
カレーやシチュー、肉じゃがやきんぴらごぼうなどで名脇的な存在の野菜ですが、
β-カロテンが豊富で、全食品の中でもトップクラスの含有量として有名ですよね。

β-カロテンは強い抗酸化作用をもつ栄養です。
がんの予防効果があるとされ、特にすい臓がんや肺がんの予防に効果が期待されています。

また、β-カロテンは必要に応じて体内でビタミンAに変換される栄養です。
ビタミンAは目の保護や、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、免疫力を高める効果があります。


β-カロテンは脂溶性のビタミンなので、油を使って調理法することにより、
β-カロテンの吸収率をアップさせるので、炒め物か揚げ物で食べるのがおすすめですが、
サラダではオイルを使ったドレッシングやマヨネーズを利用するのが良いでしょう。


さらに、人参はβ-カロテンに加え、ビタミンCやビタミンB群、クマリンなど、
美容に優れた働きをする栄養も含むため、相乗効果によって美肌効果を発揮します。


また、人参にはカリウムも含まれています。
カリウムは過剰に摂りすぎた余分な塩分を体外に排出し、
血液の循環を良くしたり、むくみを改善する効果があります。

塩分の摂りすぎは血圧の上昇の原因にもなるため、
カリウムは高血圧の予防や改善にも有効です。


人参には食物繊維が豊富に含まれていますが、
人参の食物繊維は不溶性食物繊維を多く含んでいるため、
腸内環境を整え、腸の働きを活発化させて便通を良くする効果があります。



他にも、脂質・糖・ナトリウムなどと吸着して体の外に排出する働きがあることから、
これらを摂り過ぎることによって引き起こされる、
肥満や脂質異常症(高脂血症)・糖尿病・高血圧など、
生活習慣病の予防・改善の効果もあると言われています。


品種改良が進み、かつての独特の香りが減り、甘みの強い品種が出回るようになったものの、
子供だけでなく大人も苦手とする野菜の一つでもある人参ですが、
以上のように、とても体に良い野菜なので、
日々の食生活に取り入れたいですよね


ちなみに、わたくしは人参は好きですよ

名脇役的存在だと言いましたが、明日はお休みなので、
”人参しりしり”でも作ろうかなぁ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント