乳酸菌の効果

ヨーグルトが健康に良いと言われているのは、乳酸菌の働きによるものです。
ヨーグルトにはガセリ菌、ブルガリクス菌、アシドフィルス菌、サーモフィルス菌などの乳酸菌や、
ビフィズス菌が使われています。
これらは、いわゆる善玉菌として体に有用な働きをしてくれます

細菌は大きく善玉菌と悪玉菌の二つに分けられますが、
乳酸菌やビフィズス菌は善玉菌の代表格として挙げられます。
そこで今回は乳酸菌の働きについてお話しします


ヨーグルトの乳酸菌の主な働きは、
腸内環境を良い状態にしてくれることが有名ですよね


生きた乳酸菌のことを生菌と言いますが、
生菌は悪玉菌のエネルギー源であるタンパク質などを取ったり、
腸管粘膜上皮に定着することによって、
悪玉菌自体の増殖の場を減少したりしてくれるので、
腸内菌叢を良好なバランスに保ってくれます。

また、乳酸菌が腸内で増えると、乳酸や酢酸という有機酸が代謝物として作られます。
有機酸は腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えたり、
腸における蠕動運動を促す働きを持っているので、
便通が良くなり便秘予防にも効果的なのです。


私たち人間の免疫システムは、腸の近くに集まっています。
乳酸菌はこの免疫システムを刺激することによって活性化させて、
免疫力を高める働きもあります


これにより、風邪や肺炎、結核など、多くの感染症の予防につながったり、
花粉症やアトピー性皮膚炎、ぜんそくなど、
アレルギー疾患を抑える働きがあることもわかってきています。


他にも、血中の善玉コレステロールの低下を抑え、中性脂肪の値を低下させる効果や、
カルシウムの吸収を促す働きもあるそうです。


さらに、ビタミン(ビタミンB1、B6、B12、ビタミンKなど)を作り出して、
身体に補給する役割を担っています。


以上のように、私たちの体にとてもたくさんの良い効果をもたらしてくれるのです。


加えて、ヨーグルトのさわやかな風味も乳酸発酵から生まれます。
そして、腐敗菌を抑えヨーグルトの保存性を高めてくれます。


ヨーグルトそのもののためにも、乳酸菌は大きな役割を果たしているのですね


これからも毎日ヨーグルトを食べて免疫力を高めて、
新型コロナウイルスに負けない健康な体を維持していきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント