七夕の短冊の由来

今日7月7日は七夕ですね
織姫と彦星が1年に1度だけ会える日なのですが、
今夜のお天気ではどうでしょうか?

また、短冊に願い事を書いて笹に飾るという風習もありますよね。

七夕は中国での行事であった七夕(しちせき)が奈良時代に伝わったのが由来だと言われていますが、
笹や竹を飾るのは日本独自の風習だそうです


なぜ笹や竹なのか?というと、
昔から笹や竹は天に向かってまっすぐ伸びる力強さと生命力から、
精霊や神様が宿る神聖なものとされていたからだそうです。


笹や竹に五色の織り糸を掛けたのが七夕飾りの始まりと言われているそうです。

後に五色の糸は絹の布に変わり、
江戸時代には七夕が五節句の1つとされて一般庶民にも広まったそうですが、
布は高価でなかなか庶民には手が出せず、仕方なく紙に変わったそうです。

これが今の短冊の原形と言われれいます。
また、短冊に願い事を書くようになったのもこの頃からだそうです。


「五色(ごしき)の短冊」と歌の歌詞にもあるように、
五色とは、もともとは青、赤、黄、白、黒のことで、
中国の陰陽五行説という考え方に由来しています。


ですが、日本では、黒が好まれないため代わりに高貴な色とされる紫へ、
また、昔は緑を”あお”と呼んでいたことから緑へ変化したそうです。

陰陽五行説とは、自然界の全てのものを木、火、土、金、水の5つにあてはめることができるという考え方です。
そして、陰陽五行説によればこの5つの色にも意味があり、
青(緑)は木、赤は火、黄は土、白は金、黒(紫)は水を表しているそうです。

また、この陰陽五行説は、人間が真面目に生きて行く意味の「五徳(仁・礼・信・義・智)」もあてはめられているそうで、
本来は願い事に合わせた色に願い事を書くことで、
願いが叶いやすくなるという意味があったのだそうです。



しかし、現代の日本では短冊に願いを込めることは変わってはいませんが、
短冊の色はあまり意識されなくなりましたね。


今年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、
各地の七夕まつりや関連イベントが中止となってしまったことが多いと思います


わたくしは短冊に願い事は書いていませんが、
家族の幸福や商売繁盛はもちろんのことですが、
1日も早く世界中で新型コロナウイルス感染症が終息するように、
そして、今九州地方で甚大な被害を及ぼしている豪雨が治まるように、
心からそう願っています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント