暖冬過ぎても桜の開花が遅れる!?

今年の桜は平年より大幅に早く咲く見込みで、
関東や東北を中心に記録的に早くなる所もあるそうです

ここ神奈川県の横浜ではすでに開花している沖縄県の那覇を除いて、
全国の県庁所在地で1番早い3月13日の予想です。
あと1週間ちょっとで桜の花が咲くなんて、
驚いてしまいますね


ただ、九州南部や静岡など温暖な地域では、
大幅な暖冬の影響が大きいために、
ほぼ平年並みの開花となるそうです。

暖冬だと桜の開花が早くなると思われますが、
あまりに暖冬過ぎると桜の開花は遅くなってしまうのだそうです
 (;゜ロ゜)エェ??


これは、暖冬で休眠打破が鈍く花芽の成長も遅くなるからだそうです。

詳しくお話しすると
桜の花芽(生長すると花になる芽)は気温の高い夏から秋にかけて作られて、
冬になると休眠して一旦生長が止まります。
その後、真冬に一定期間、厳しい寒さにさらされると、
低温によって花芽が休眠から目覚め(休眠打破)、
開花に向けて再び生長を始めます。

ですから桜の開花には、
春の暖かさだけではなく、冬の寒さも必要なのだそうです


そのため、寒気が流れ込みやすかった北日本ほど休眠打破が行われている見込みで、
平年より大幅に早い開花となりそうだということです。


今年は1月、2月に春のような暖かさの日が多く、
3月も一時的な寒の戻り以外は気温がかなり高めの状態が続くと予想されるため、
桜の開花が早いだけでなく、満開になって散ってしまうのも早そうです


新型コロナウイルス感染症の拡散防止策として、
東京都が花見の宴会の自粛を促す声明を出しましたが、
日本の春の代名詞として国民に親しまれている桜を愛でながら、
みんなで楽しく宴会することまで自粛だなんて、
仕方がないこととは言え、寂しいですねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント