髪の毛のハリ・コシがなくなる原因

前回は髪の毛のハリとコシについてお話ししましたが、
今回は髪の毛のハリやコシがなくなる原因について、
前回よりももう少し詳しくお話していきます


髪の毛は人の見た目を左右するとっても大きな要素の一つですので、
ハリ・コシのない髪の毛は弱々しくてボリュームダウンしてしまい、
どうしても老けた印象に見えてしまいます

やっぱり、いつまでも若々しくいるためには、
髪の毛のハリ・コシを保つようにしておきたいですよね。

そこで
髪の毛のハリ・コシへの対策を考える前に、
まずはどうして髪の毛のハリやコシがなくなってしまうのか?
を知っておかなければなりません。


髪の毛のコシ・ハリがなくなる”髪やせ”の原因については、
次のような理由があります


まず第一の理由は加齢です

こればかりは仕方がないことですが、加齢により毛母細胞の機能が低下していくと、
太くて丈夫な髪の毛が育ちにくくなってしまいます。
そして、細くて産毛のような髪の毛しか育たなくなると、
薄毛といわれる状態になってしまいます。

また加齢はホルモンバランスの乱れを引き起こします。

女性の場合は特に更年期によるホルモンバランスの乱れが原因で、
毛髪の発達に関係する女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、
髪の毛のハリやコシがなくなり、
FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛につながります。

男性では脱毛ホルモン(デヒドロテストステロン)の影響で、
毛母細胞での髪の毛の生長を妨げられて、
AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛につながります。


第二の理由は頭皮環境の悪化です

頭皮の血行不良が続くと、毛母細胞に栄養が行き届かずに、
ハリ・コシのない細くて元気がない髪の毛になってしまいます。

また、毛穴の詰まりが原因で、
ハリ・コシのない細くて弱弱しい髪の毛しか生えてこなくなることもあります。


食事や睡眠、タバコ、飲酒など生活習慣の乱れも髪の毛のハリ・コシを左右する理由です

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質なので、
無理なダイエットや栄養不足は、健康的でハリ・コシのある髪の毛の成長を阻害します。

睡眠は体の成長だけでなく髪の毛の成長にも重要です。
睡眠不足はハリ・コシの低下だけでなく、
髪の毛そのものの成長を阻害してしまいます。

タバコやお酒の飲み過ぎもまた、同様です。


ストレスも髪の毛のハリ・コシに影響を与えます

さらに、ストレスは食欲不振や睡眠不足を招き、
さらには頭皮の血行の悪化の原因にもなってしまうので、
二重、三重の原因を引き起こしてしまうことにもなりかねません


誤ったヘアケアやパーマやヘアーカラーなどのダメージも、
髪の毛のハリ・コシを失う大きな原因です


髪の毛のキューティクルがダメージすると、毛髪内部の栄養分や水分が流出してしまい、
髪のコシ・ハリが失われてしまいます

前回、髪のハリとは髪の毛の強度のことで、
髪のコシとは髪の毛の弾力のことだと言いました。

すなわち、ハリ・コシのある髪の毛とは、
髪の毛の内部の密度がしっかりとしていて、
表面のキューティクルが整っている、強くて弾力のある髪の毛のことです。
ただ単に、髪の毛の太さを言っている訳ではありません。

例えば、子供の髪の毛は大人の髪の毛より細いですが、
しっかりしていてコシ・ハリがあります。

髪の毛が傷んでいないバージンヘア、
つまり、毛髪内部の栄養分や水分量が十分にあって、
髪の表面を覆うキューティクルが整っていれば、
髪の毛の太さに関係なくコシ・ハリがあると言えるのです。

ですから、誤ったヘアケアや髪の毛のダメージが、
髪の毛のハリ・コシにも大きな影響を与えてしまうのです。


以上のような理由から、髪の毛のハリやコシがなくなってしまうのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント