川崎ブロックの講習会と対話集会に参加しました

昨日は月曜日でお店は休みでしたが、
川崎市理容協議会主催の講習会と川崎ブロック対話集会に参加してきました。



講習会の方は全理連中央講師の加瀬恭史先生による、
「ジャニーズ世代(小学校高学年~高校生)のヘアスタイル」と、
「ハイミセス世代(60歳以上の女性客)の新規客取り込み」



「ジャニーズ世代のヘアスタイル」はモデルウィッグを使用して、
校則で禁止のツーブロックにならない程度のマッシュボブをカットしました。

ポイントはクリッパーで襟足をあえてえぐるように刈り込むことで、
マッシュ特有の丸みを出すことができるということと、
セニングは中間から施すことで毛束の強さやマッシュ特有の重みを残すこと。

IMG_2110.JPG

IMG_2109.JPG


続いて「ハイミセス世代のヘアスタイル」では人間モデルを使ってカット。

ボブ調のショートスタイルですが、
年齢と共にボリュームが減ってつぶれがちなトップに、
ボリュームを出して若々しく見えるようにカットしました。

IMG_2113.JPG

IMG_2117.JPG


どちらのヘアスタイルでもアウトラインには”とこや”の得意技術である”すくい刈り”を使い、
指で挟むカットをしないことで、自然な収まりや馴染み感、適度な軽さや動きを出していました。

経験値に裏付けされたカット技術を見ることができ、
とても勉強になりました。


後半は神奈川県理容組合常任理事の方々との対話集会で、
組合事業に関する色々な質問や要望が出されました。


IMG_2118.JPG


2021年には理美容の世界大会が横浜で開催される予定ですので、
それに向けての準備などで組合事業もかなりの削減がされるとのことでした。

やはり、参加者が少ない無駄な行事はどんどん減らして、
今後はPR活動や後継者育成の教育事業などを重要視して、
若い世代の人々から魅力的な業界だと思ってもらえるように、
今後の理容業界を発展させることができるように、
組合活動を行って欲しいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント