と・こ・や・ぐ・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アロエの成分と効果

<<   作成日時 : 2019/02/02 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回も前回に引き続きアロエについてのお話になります。
アロエが健康や美容に良い植物だというお話をしましたが、
実際にどんな成分が含まれていて、
どのように健康や美容に良い効果をもたらしてくれるのでしょうか?


アロエの葉や葉汁から取れるアロエエキスは、
保湿効果が高く昔からお肌にハリとツヤを与えると、
化粧品の素材として使われてきました。
またアロエは、いろいろな効能から昔から”医者いらず”と言われて、
万能薬として知られています。
葉肉には消炎・鎮静効果があることから火傷や傷が治ると言われていますし、
煎じて飲むと腹痛にも効果があります。


以上のように、とても多くの効果をもたらしてくれるアロエには、
なんと
現在確認されているだけでも200以上の有効成分が含まれていると言われています


アロエに含まれている成分で特に有名なのはアロインとアロエエモジンです


アロインは、固い葉皮に含まれている成分で、
強烈な苦みをもつ黄色い汁に含まれています。

腸の動きを活発にする神経を直接刺激して、
消化酵素であるペプシンの分泌を促すと同時に、
便を排出するように促す効果があり、
便秘解消効果によって老廃物が排出されるので、
ダイエットにも良い効果を期待することが出来ます。


その効果が強いために日本では薬事法にアロインが医薬品として登録されているほどです。

ただし、アロインを大量に使うと子宮収縮や血管拡張などの作用があるので、
月経期間中や妊娠中は使い過ぎに注意が必要と言われています。


アロエエモジンはアロエの皮部分やゼリー状部分に多く含まれる、
アロインと同じくアロエの苦みの成分で、
健胃作用、腸の活性化作用があるとされ、
胃の調子を整えてくれる効果があります。

アロエエモジンには解毒作用もあり、
二日酔いなどにも効果があるとも言われています。



他にもアロエに含まれている成分としては、、、


アロエシンは殺菌作用および抗菌作用が認められるアロエの成分で、
チロナーゼ酵素(シミやソバカスの原因となる物質)の作用を阻害するため、
美白効果が期待出来ます。


アロエの果肉部分に含まれておりネバネバとした果汁の原因物質でもあるアロエマンナンは、
皮膚の老化防止作用や抗腫瘍作用などがあるとされる成分ですし、
アロエに含まれているえぐみの原因となる成分のサポニンは、
血中のコレステロールや中性脂肪を減少させる作用があることから、
動脈硬化の予防などに効果があるとされています。


さらにアロエには、水分を保持したり、細胞の浸透を維持したりする役割をするカリウムや、
骨の形成に必要なカルシウムなどのミネラル成分や、
ビタミン類、アミノ酸類、酵素類なども豊富に含まれています


また、アロエにはムコ多糖類という成分が含まれており、
コラーゲンを活性化させて保湿力を高めるため、
美容や美肌に効果があるのです。



以上のように、アロエは健康や美容にとても良い効果を持ち、
食べる・飲む・塗るなどといった色々な使い方ができる植物として注目を集めているのです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アロエの成分と効果 と・こ・や・ぐ・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる