七夕にはそうめん!?

今日7月7日は七夕ですね
七夕といえば、
織姫様と彦星様が天の川を渡り1年に1度だけ逢瀬をするというロマンチックな伝説や、
笹に短冊をつるして願い事をする風習が有名ですが、
もともと古くから行われている日本のお祭り行事で、
1年間の重要な節句をあらわす五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)の一つです。


しかし、上巳の節句(ひな祭り)では桜餅やひなあられ、
端午の節句では柏餅やちまきなどが行事食として一般的に広く認知されていますが、
七夕には特に七夕にちなんだ食べ物が食べられているというイメージはないですよね

ですが
七夕の日に食べる行事食も本当はちゃんとあるのだそうです



それは、、、

な・な・な~んとそうめんなのだそうです


そうめんは暑い時期になると、日常的に食べられている食べ物なので、
わたくし、恥ずかしながら七夕の行事食というイメージは持っていませんでした

しか~しその起源は意外と古く、
平安時代に七夕の節句でむぎなわという小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べるという風習から来ているのだそうです

このむぎなわは和名で、もともと中国では索餅(さくべい)と呼ばれていたそうです。


その昔、古代中国の帝の子供が7月7日に亡くなり、
その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせてしまいました。
これに困った人々はその子供の好物だった索餅を供えて祟りを鎮めました。
それから、この故事に因んで中国では七夕に索餅を食べるという風習が生まれ、
それが平安時代に日本へ伝わってきたのだそうです。

この風習が伝来した当初は、
日本でも中国と同じ材料で作ったむぎなわを七夕の節句に食べる習慣があったのだそうです。

しかし、むぎなわの元になった索餅は索麺(さくめん)とも呼ばれ、
それが時代を経て、いつしか”そうめん”に変化したのだそうです
 ほぅほぅ(*゚д゚))


また、七夕の由来の一つとなっている乞巧奠(きこうでん)という着物の機織りの上達を願う行事から、
着物を織る機織りに使う白い糸をそうめんに見立てて食べるようになったという説や、
長細いそうめんを天の川の形に見た立てているという説もあります。



ですから
七夕の日に食べるそうめんには、
1年間家族が無事に健康に過ごせますようにという無病息災の願いの他にも、
織姫の織り糸に見立ててお裁縫が上達しますようにとか、
織姫と彦星が1年に1度だけ会える日ということから、
恋が成就しますようにとかという願いを込めて食べられているのだそうです (。 ・д・)-д-)ふむふむ


という訳で、わたくしも今夜はそうめんを食べました

画像



家族が1年間健康に過ごせますように。
颯人の蹴活が早く決まりますように。
来年の嵩人の高校受験で希望の進路に進むことができますように。
わたくし的には、来週に行く富士登山を無事に登頂できますように。
天気予報は微妙ですが、きれいなご来光を見ることができますように。
そして、大惨事となっている九州豪雨が早く治まりますように。

という願いを込めて お願い!(人'д`o)


こんなにたくさんの願い事を叶えてもらうには、
そうめんの量が少な過ぎたかな?(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック