毛は剃ると濃くなるの?

先日、「お顔剃りエステのポスターをホワイトボードに貼り付けて店頭に飾っていて、
チラシも置いてありますので、どうぞご自由にお持ち下さい。」という内容の記事を書きました
が、
そのチラシのお顔剃りQ&Aに、
「Q.お顔剃りをすると毛が濃くなる?」
と言う質問があり、
「A.お顔剃りをすると毛が濃くなったり、太くなったりすることはありません。」
という答えが書いてあります。


ですが
お顔剃りに関わらず、ムダ毛など「毛を剃ると毛が濃くなる!」と思っている方は多いかと思います
( ゚д゚) 。_。) ゚д゚) 。_。)ウンウン

そして
実際に「毛を剃って毛が濃くなった!」という思いをしたことがある方もいるかと思います
( ゚д゚) 。_。) ゚д゚) 。_。)ウンウン

という訳で今回は、
「毛は剃ると本当に濃くなるのか?」
ということについてお話しいたしますね


「毛を剃ると毛が濃くなる!」という言葉は昔から言い伝えられていて、
平安時代は乳児のうちに「健康な毛髪が生えてくるように」と願い、
男女とも生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛を剃ってしまい、
3歳になってようやく髪の毛を伸ばすことが出来たのです。
それで、七五三の3歳のお祝いを”髪置の儀”と言うのです。

もちろんこれは単なる迷信です。

「カミソリで毛を剃ることで毛が濃くなる」という事は、
医学的にも科学的にも立証されていないのだそうです (。 ・ω・))フムフム


確かに毛を剃ると自然に伸びた細い毛先とは違って、
剃った後の平べったい断面が現れて、その毛が伸びることで、
断面積の太い毛が目立ちそのまま見えることになり、
その結果濃く太く見えてしまうようになってしまいます。


だからと言って、
実際には毛が濃くなる訳でも太くなる訳でもありません



また、ムダ毛処理を始めるのはムダ毛が気になり始める思春期の頃で、
男性ではヒゲ、女性では脇やムダ毛を見た目を気にして剃ったりするようになります。

しかし、この時期は子供から大人に変わるために体が成長する時期なので、
だんだんと体毛も濃くなる傾向があります。
この時期に毛を剃り始めてしまうため、
「毛を剃ったために毛が濃くなった」と勘違いをするだけで、
実際には成長過程で毛が濃くなっているだけなのです。


ちなみに全身の毛穴の数はお母さんのお腹の中にいる時にすでに決まっていて、
大人になってもその数は変わりません。

ですから、
毛を剃っても、生える毛の量が増えることはないのです



もし仮に毛を剃って毛が濃くなるならば、
禿げてきた人は髪の毛を剃ってしまえば、
伸びてきた時には濃くなっているということになり、
「いずれは髪の毛もフサフサになる」
な~んてことになり、
世の中から薄毛で悩む人なんていなくなりますよね?

そんな風には決してならない訳ですから、
「毛を剃ると毛が濃くなる!」
っていうのが迷信だということがお分かり頂けるかと思います ソヵ(o゚д゚o)ゞソヵ



しかしその一方で、
「皮膚に刺激を与えるような剃り方をすると、毛は濃くなってしまう!」
という説もあります


毛には色々な役割がありますが、皮膚を守るという役割もしているため、
肌にカミソリなどで強い刺激を与え続けると、
体は肌を守ろうとして体毛を濃くするよう働きかけてしまうというのです


大きな傷を作るとその周りから濃い毛が生えてくるケースがあるのは、
弱くなった肌を守ろうとする防衛本能のためだというのと同様の理由です。


とはいえ、濃くなるのにも限界がありますので、
すでに剃ってムダ毛処理をしている毛は、それ以上太くなることはありません。

それに
このことについても、医学的にも科学的にも立証されていないのだそうです (。 ・ω・))フムフム


ですが
ムダ毛をカミソリで剃ることは、
正しく行わないとお肌に負担をかけてしまう行為になってしまうので、
ムダ毛を剃る時はなるべく手に力を入れずに、
カミソリでお肌を傷つけないように十分に気をつけましょう


もちろん
理容店でのお顔剃りは、プロの理容師によるやさしく丁寧な技術と、
蒸しタオルや肌にやさしいスキンケア化粧品の使用によって、
極力肌に負担をかけずに肌の産毛やムダ毛を剃っていきますので、
肌に刺激を与えて毛が濃くなるようなことは絶対にありません



どうぞ安心してお顔剃りをご体験下さい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック