キワーノって何ぞや??

前回は、今年も店頭にグリーンカーテンを作るためにゴーヤとキワーノを植えたというお話をしましたが、
「キワーノって何?」って思われる方も多いかと思います ぅん((゚ω゚ )ぅん
(わたしも実際に、売っているのを見るまで知らなかったですし
そこで
今回はキワーノについて調べてみたいと思います



キワーノ(キワノ)という名前は、ニュージーランドのとある企業の登録商標で、
正式な名前は日本名で「ツノニガウリ」、英語名で「Horned melon(ツノメロン)」と言うそうです
近年ではグリーンカーテンを作るために育てられるようになってきています。

オレンジ色の果皮にゴツゴツとしたトゲを持つ実がなり、
実をカットすると中にはエメラルドグリーン色のゼリー状の果肉がびっしりと並んでいて、
その様子から”世界一キモいフルーツ”と呼ばれることもあるのだそうですが、
デパートなどでは1個1000円前後で売られている高級なフルーツなのです。


フルーツと言いましても、
実際にはゴーヤやキュウリと同じくウリの一種なのだそうですが。。。


このキワーノの苗を購入した理由は、
ラベルに書いてあった謳い文句にそそられたから
 (´>∀<`)ゝ))エヘヘ

「プルプルゼリーの新食感」
「ライム+バナナ/さわやか×ゼリー=味」


いかにも美味しそうですよね(笑)。


画像



ですが
色々と調べてみると、、、

「食べてみると、野菜と果物の中間のような感じで甘味はほとんどなく、
 ほのかに酸味がある程度です。」
とか、
「味はすごくあっさりとした印象で、正直美味しくも不味くもない感じがするでしょう。」
というような表現がされています。

ってことは、、、

あんまり美味しくないってこと???


基本的には見た目や食感を楽しむものなので、
デザートやサラダなどの彩りに使うと良いそうです。
味が物足りない人はハチミツをかけて食べると良いそうです。


もっと美味しい物かと思ったのに、
なんだか、「ちょっとダマされたぁ~」って感じですねぇ。。。


だけど
このキワーノはものすごく栄養があり、他の果物に比べてミネラルが多めなのだそうです。


とくに、マグネシウムの含有量は果物の中でトップなのだそうです ほぅほぅ(*゚д゚))
マグネシウムはカルシウムとともに骨や歯の元になったり、
神経の刺激伝達などに関与して神経を安定させる働きがあります。

また、カリウムも多く含まれているので、
体内のナトリウムを排泄してくれて、高血圧予防などに効果があります。

食物繊維も多いので、便秘予防にも効果があります。



ゴーヤもものすごく栄養があるけど苦くて食べにくいから、
それを考えると、あんまり甘さが無くっても、
苦くない分キワーノの方がゴーヤよりも良いのかなぁ???


まぁ、実際には食べたことがないから何とも言えないので
自分自身で食べて感想を言うために、
実を付けて収穫することが出来るように、
しっかりと育てていきたいと思います
 ∑d(`・д・´。)ок

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック