7月12日(日)は「第16回 多摩消防団消防大会」

今年も毎年恒例の「第16回 多摩消防団消防大会」が、
7月12日日曜日に明治大学生田キャンパスにて、
午前9時30分から12時まで開催されます



画像



多摩消防団消防大会は、いわゆる多摩区消防団の消防操法大会のことです。

消防操法とは、総務省消防庁の定める『消防操法の基準』に基づく火災消火を想定した基本操作の訓練で、
主に消防団の訓練形式として本格的に行われていて、全国大会まで行われています

消防操法には小型可搬ポンプ操法と、ポンプ車操法がありますが、
多摩消防団消防大会では小型可搬ポンプ操法が行われています。

小型可搬ポンプ操法は4人一組となって設置された防火水槽から給水し、
小型可搬ポンプからホースを3本伸ばして火災現場を意識した火点と呼ばれる的にめがけて放水し、
それを撤収するまでの一連の手順を演じて、
各個動作の正確さ及び動きのきれいさ、そして火点の的が倒れるまでのタイムなどが採点されて、
順位が決められます。



多摩区内の消防団員は多摩消防団消防大会で良い成績を残すために、
毎年、蒸し暑いこの時期に連日連夜の厳しい訓練を行っているのです



もちろん
わたしも現役消防団員時代には多摩消防団消防大会に選手として出場したこともあり、
その訓練のために厳しく大変な思いもしてきましたが
それを通じて仲間との結束を深めることができたり、
好成績を残した時には仲間全員で喜びを感じることができたりと、
今思えば、良い経験をさせていただいたのではないかと思います


大会当日まで残りわずか、訓練もいよいよラストスパートです


連日の梅雨の雨で思う様に訓練も思うようには進まないかも知れませんが
中野島班の後輩たちには、怪我のないように、しっかりと最後まで訓練に励んでもらいたいと思います。


さらに
今年の多摩消防団消防大会で優勝した班は、
来年の川崎市消防大会に多摩区代表として出場することができるそうなので、
是非是非優勝目指して頑張って欲しいと思います



今夜は中野島班のOB一同で、操法訓練中の後輩たちの陣中見舞いに行きました。

あいにくの雨で狭い詰所での訓練となってしまいましたが
選手の皆さんは汗びっしょりになって頑張っていました


画像




昼間仕事を持ちながらの夜の訓練は本当に大変だと思いますが、
悔いの無いように最後まで一生懸命に訓練に励んでもらって、
消防大会当日には、その訓練の成果を発揮して見事な操法演技を披露することができるように、
頑張って欲しいと思います


とか言いながら、、、

訓練見学も途中で切り上げてのOBで飲み会をしちゃったりして。。。


画像



でも
先輩も後輩もみんな消防団のOBだけあって、色々と操法についての話も熱く語り合いましたよ。


一緒に苦労を共にした仲間たちって、いつまでも仲間意識があるんですよねぇ。。。

日本全国で消防団員が少なくなって困っていますが
色々と良い経験もさせて頂きましたし、
今でもこうして仲間同士で楽しい時間を過ごすことができるので、
今となっては本当に消防団に入団して良かったと思っています (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン


出来るだけ多くの方々に消防団員になって頂き、
みんなが安心、安全に暮らせるようになっていければ良いんだろうけどなぁ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック