朝日杯フューチュリティステークスの結果

2010年の2歳牡馬チャンピオン決定戦、朝日杯フューチュリティステークス(GI)。 
  
今年の栄えある2歳牡馬チャンピオンに輝いたのは5番人気の⑪グランプリボス。 
ゴール前の混戦を抜け出して、前走京王杯2歳Sに続く重賞2連勝でGI制覇を飾りました。 
そして矢作芳人厩舎にとっても念願のGI勝利となりましたね。 
おめでとうございます。 
新馬戦で後の札幌2歳Sの覇者オールアズワンを下した実力馬だったのですが、 
サクラバクシンオーの産駒だったので、ちょっとマイルは距離が長いと思って、 
わたしはこの馬は無印にしてしまいました。。。 
 
そしてわたしが期待したディープインパクト産駒の2頭は、 
⑤リアルインパクト2着(4番人気)②リベルタス3着(2番人気)と、 
後一歩勲章に手が届きませんでしたが、 
堂々の走りっぷりで、来年以降の活躍に期待が持てる内容でしたので、 
ディープインパクト産駒の重賞初勝利もそんなに遠くはないでしょうね。 
 
圧倒的1番人気の⑩サダムパテックスタートの出遅れが響いて4着止まり。 
なんだかペルーサに代表されるように、 
「出遅れ」が今年のJRAの流行語になっちゃいそうですよねぇ。。。 
 
配当は・・・ 
馬連⑤-⑪は4,990円。 
3連複②-⑤-⑪は8,830円。 
3連単⑪-⑤-②は67,910円。
 
5着の⑧リフトザウイングス(3番人気)を含めて、 
上位人気馬5頭が全て掲示板を占めるという結果だった割には、 
まあまあの高配当でしたねぇ。 
 
ですが・・・ 
3着の②リベルタスの福永騎手以外の 
掲示板に載った4頭の馬の騎手が外国人だって言うのは、 
いかがなものなんでしょうねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック