朝と夜のスキンケアの違い

先日書いた「スキンケアとは」という記事の中で、
「次回以降から少しずつ正しいスキンケア方法についてお勉強していきたいと思います。」
な~んて言っておきながら、
間がちょっと空いてしまい、大変申し訳ございません
今回はちゃんとスキンケアについてのお話をしていきたいと思います。


「シンプルなスキンケアの基本は、朝と夜では少し違いますが、
 正しい洗顔でお肌の汚れを落とす、
 化粧水でたっぷりと水分補給、
 クリームや乳液で油分を与えてお肌を整え水分の蒸発を防ぐ、
 の3ステップです

とお話したように、
今回は朝と夜のスキンケアの違いについてお話していきますね


一口にスキンケアと言っても、朝と夜のスキンケアは目的が違ってきます


朝と夜とではお肌の状態がまったく違うため、
朝と夜に同じスキンケアをしていては、期待した効果が得られにくくなります

健やかなお肌になるためには、
朝と夜のお肌に合わせた適切なスキンケアが大切なのです。
 


日中は外へ出て活動することが多く、
紫外線や乾燥した空気、ほこりなどから、お肌は多くの刺激を)受けてしまいます。

外出前の準備や家事などに追われて忙しく、
ともすれば雑になりがちなのですが、
朝のスキンケアは日中に受ける様々な外的刺激からお肌を守るために、
しっかりと肌のバリア機能を強化するスキンケアがとても大切なのです。



対して、1日を終えた夜のスキンケアは、
外的刺激がなく美肌作りに適した環境です。

睡眠中は成長ホルモンが活発に分泌されるため、
日中のダメージを回復するお肌の再生力を促すスキンケアが目的となります。
溜まった皮脂汚れとメイク汚れなどを落としてきれいな状態にして、
しっかりとうるおいや栄養を補給する丁寧なスキンケアが大切なのです。



そのための方法ですが、、、

続きはまた次回にということで マタネ―――(≧▽≦)ノシ―――!!

"朝と夜のスキンケアの違い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント