秋成りのパッションフルーツでジャム作り

11月末に秋成りのパッションフルーツをリンゴと一緒に追熟して、
約3ヶ月近くになろうとしています。
赤紫色になって熟してきた実にシワがよってきたので、
「もういい加減に食べ頃だろう!?」
と言うことで、とうとう半分に割ってみました。

画像


画像



「秋成の実は香りが弱めで味も甘みが少なくて酸っぱい」
というお話でしたが、本当のところはどうなんだろう???


ってなことで、まずはそのまま食べてみると、、、

やっぱり酸っぱ~い

意外と香りや風味はパッションフルーツのそれで、
ここままでも食べられなくはない位でしたけれども、
さすがにこの酸っぱさでは美味しくはないだろうということで、
パッションフルーツのジャム作りに挑戦してみることにしました。

パッションフルーツを横半分に切って、
果肉を種ごとスプーンですくい鍋の中に入れ、
砂糖を加えて約10分程かき混ぜながら煮詰めます。

画像



たったこれだけでパッションフルーツジャムの完成です


画像



トロピカルで爽やかな香り、甘酸っぱい風味は、
十分に美味しいパッションフルーツジャム。

さっそく明日の朝、ヨーグルトにかけて食べてみよう


中にはちょっと追熟に失敗してしまった実や、
果肉や種がイマイチ育ってなかった実もありましたが、
全部のパッションフルーツが無駄にならなくて、まぁ良かったです (。 ・ω・)(。 -ω-)ぅんぅん

"秋成りのパッションフルーツでジャム作り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント