もっと「就活ヘア」のPRを!

昨日は『理容店の立ち位置を明確にすることが重要だ!』
ということを勉強したというお話をしました。
そして、
「おしゃれ・ファッションは美容」、
「お金と時間のない人はカット専門店」、
なのだから、
「リクルート・ビジネス・フォーマルは理容」
という立ち位置を定着させることが必要なのだ!』

というお話もありました。

もともと男性の顧客がメインの理容店なのだから、
当たり前といったら当たり前のことなのですが
最近では、おしゃれやファッションに最も敏感な若い世代の男性のほとんどが、
カットの際には美容院を利用している
というデータもあるくらい ガーン∑(゚д゚;) 。

やっぱり
「理容店(とこや)=ダサい」っていうイメージは、
なかなか払拭できないのでしょうね

悲しいことですが。。。


そんな美容院ユーザーの大学生3年生たちも、
そろそろ就職活動で髪の毛をカットしなければならない時期になってきましたね。

どんなにおしゃれやファッションにこだわりがあっても、
就職活動の際には、黒髪のスタンダードなヘアースタイルにしなければなりません

もちろんワックスなどでアレンジができるような、
多少の遊び心のある「リクルートヘアー」だとしても、
髪の毛の色、長さ、そして清潔感といった最低限のポイントだけは、
しっかりとおさえておかなければなりません


それが一社会人としての常識的な身だしなみということになるのですから。

「おしゃれ・ファッションは自分自身のためのもの」ですが、
「身だしなみは自分だけでなく、周りの方々のためのもの」でもあります。

こんな不景気で就職難の時代に、
「髪の毛を切りたくない」なんていうつまらない理由で、
一生の仕事を決める就職活動を台無しにしてしまうのはもったいなさすぎますよね?


そして
見た目の印象を良くするために重要なのはヘアースタイルだけではありません

眉毛の太さや形、肌の色やツヤ、も見た目の印象を大きく左右してしまいます。


カットは美容院でもできますが、
カミソリで眉毛を整えたり、お顔の産毛を剃ることは、
われわれ理容師にしかできません

さらにシェービングだけでなく、
お顔の汚れを取るクレンジングや、
肌の新陳代謝を良くするフェイシャルマッサージやパックなども、
われわれ理容店の仕事です。

こうやって考えると、
「リクルートヘアー」には、理容店のほうが美容院よりも優位な部分があるって気づきますよね。



昨年の今頃には、全理連が「就活ヘア」というものを打ち出しました。

社会人として相応しいヘアスタイルをはじめとする身だしなみや自分の見せ方、
個性の表現方法など、就職試験で重要となる第一印象をアップさせるとともに、
就職活動に有利になるよう、内定につながるように、
厳しい就職戦線で頑張ってる学生さんたちにアドバイスできる勉強をしておこうというものです。


画像



こんな素晴らしい企画なのに、
残念ながら肝心の就職活動をする学生さんたちには、
これが全く認知されていなのです (´Д` ) 。


このままじゃあ、”猫に小判”、”豚に真珠”ですよねぇ

(誰だ”よ○○○○りに金の真珠”なんて言っているのは?

せっかくわれわれが頑張って勉強しても、
学生さんたちに伝わらないのが実情なのです。

いくら、こうやって個店のHPやブログ、SNSなどで「就活ヘア」をPRしても限界があります

理容業界全体が、そして全理連という大きな組織が、
「わたしたち理容組合は学生さんの就職活動を応援しています!」
って声を大にしてPRしないといけないと思います。


今こそ、理容店の良さを知らない学生さんの世代に、
振り向いてもらえるような努力が必要なのではないでしょうか?

われわれ理容業界の未来のためにも、
そして就職活動をする学生さんたちのためにも、
学生さんたちを採用する企業のためにも。。。

だって
一人でも多くの人が企業に就職できることは、
日本の未来のためにもなることなんだしね。。。


「就活ヘア」で就活がうまくいけば、日本の未来も良くなる。
日本が良くなれば、景気も良くなる。
景気が良くなれば、
巡り巡って”とこや”も良くなる・・・

はず(笑)。。。

"もっと「就活ヘア」のPRを!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント