ノンシリコンシャンプーについて考える⑤ ~やっぱりノンシリコンシャンプーが良いの?

この「ノンシリコンシャンプーについて考える」シリーズも今回で5回目。
そろそろ終盤にさしかかってきました

前回は、
「シャンプーは髪の毛と頭皮を洗うものなのでシリコンは必要ない!」
というお話をいたしました。

そうやって考えると、
「やっぱりノンシリコンシャンプーが良いの?」
ってことになりそうですが、
話はそんなに単純なものではありません

巷で大流行の”ノンシリコン”というフレーズですが、
ノンシリコンとはシリコンが含まれていないという意味です。

しかしこの言葉に騙されてはいけません

シリコンは使っていませんが、
他のコーティング成分を使っているというシャンプーがほとんどです。


中にはシリコンよりも強力なコーティング成分を配合しているのに、
「地肌に良いノンシリコンシャンプー」と謳っているシャンプーさえあります

また、シャンプーにはシリコンを配合していないのに、
セット販売しているコンディショナーやトリートメント剤には
結構な配合量でシリコンが入っている商品も多いのです


「せっかくノンシリコンのシャンプーで洗っているのに、
コンディショナーやトリートメントでシリコンコーティングしてしまっては意味がない」
とまでは言いません。

そもそもシャンプーは髪の毛と頭皮を洗うもので、
そしてコンディショナーやトリートメントは髪の毛を保護・補修するものなので、
ダメージケアという意味ではシリコンは効果的な成分だからです。

ただし「ノンシリコンで洗うから地肌にやさしい」と謳っていながら、
おそろいのコンディショナーで大量のシリコンを吸着させられてしまうのは、
なんだか騙されているようにも感じますよね


実際にはシャンプーの善し悪しは、
主となる洗浄成分(界面活性剤)や配合されている成分で判断されることが多いようですが、

個人的な見解で言わせていただくと、

「髪の毛や頭皮の状態に合わせたもの、
そして望んでいる目的に合わせたものを使うこと」


につきると思います。

髪の毛のダメージが気になるのか?
抜け毛や薄毛が気になるのか?
はたまた洗い上がりの手触りや香りが気になるのか?
シャンプーを使う人によって様々ですよね。

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすものなので、
確かにシャンプーにはシリコンは必要ない成分なのではないかと思います。

しかし実際に過度にカラーやパーマを繰り返しているような重度のダメージヘアーの場合には、
シャンプー中の髪の毛のもつれや切れ毛を防ぐという意味で、
シリコンの即効性のあるコーティング力は効果的だと思います。


ですから、以上のような理由からでも、
ただ単純に「ノンシリコンシャンプーが良い」とは言い切れないのです


最近「ノンシリコンシャンプーが良い」と言われているのは、
単なるブームなような気がします

しかも「シリコン=悪者」というイメージすら出来上がってしまっていますし、
また、そういうイメージを植え付けて、
ノンシリコンシャンプーを売ろうとしている業者も多いのです

そもそも
「髪と地肌の健康を阻害するシリコンが入っていないので、
髪や地肌の新陳代謝がスムーズに行われるようになるため、髪本来の健康と美しさを保てる」
なんて言っている商品もありますが、
地肌はともかく毛母細胞で新陳代謝を行っている髪の毛の新陳代謝に、
表面をコーティングするシリコンの悪影響が及ぶはずなどないですし(苦笑)。

それに
「シリコンを使ったシャンプーの影響で、
アトピーがひどくなったと言う人や髪の抜け毛が増えたと言う人も出ています」
なんて書かれているサイトもありますが、
それらの直接的な原因がシリコンだとは言い切れないのではないでしょうか?
むしろシャンプー剤に含まれている粗悪な洗浄成分の影響や、
すすぎ残しによる残留成分の影響の方が大きいのではないでしょうか?

さらに
「シリコンでコーティングされた髪や頭皮は呼吸ができなくなり、トラブルを起こしてしまう」
なんて言っている人もいて、思わず吹き出しそうに(*≧m≦*)ププッ。。。
(角質という死んだ細胞でできている髪の毛が、呼吸なんてする訳ないじゃないですかねぇ

本来ならば、こんなことを言っている人が、
「シリコン入りのシャンプーが髪の毛と地肌に悪い!」
なんて言っているんだから、
信憑性に欠ける話になってしまうはずなのですが・・・

正しい知識のない理美容師以外の人が聞いてしまったら、
信じてしまいますよね?

それで
「ノンシリコンシャンプーは髪の毛や頭皮に良さそう」
というイメージを植え付けられていますが、
実際には、値段が高いだけで成分的には粗悪なシャンプーとなんら変わらない
というノンシリコンシャンプーも多いのです



理容師のわたし的には、
「基本的にシャンプーは髪の毛と頭皮を洗うものなので、シリコンは必要ない!」
と言うことはできますが、
それがイコール
「ノンシリコンシャンプーが良い」
と言うことになるのではないと思うのです


「シリコンは害だから、シャンプーには入れるな」
ではなくて、
「もともと入れる必要がないものなんだから、入れなくても良いでしょう」
くらいの感じですね

「ノンシリコンシャンプーだから良いもの」
だという言葉に惑わされないように、
毎日使うものだからこそ、
自分自身の髪の毛や頭皮の状態に合うシャンプーを選びましょう








"ノンシリコンシャンプーについて考える⑤ ~やっぱりノンシリコンシャンプーが良いの?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント