ノンシリコンシャンプーについて考える③ ~シリコンが抜け毛の原因?

少し話が飛んでしまいましたが、
前に「シリコンは髪の毛をコーティングするもので、
手触りを良くして、髪の毛を保護する役割がある」

というお話をしました。

(しつこいようですが、本当は”シリコン”じゃなくて”シリコーン”なのですけれども)

もともとは髪の毛をダメージから守ってくれる役目のシリコンなのに、
いったいどうして悪者みたいなイメージになってしまっているのでしょうか???


「シリコン入りのシャンプーが良くない」
と思っている人の多くはこう考えているはずです。

「シリコンによって毛穴が詰まり、頭皮に悪影響だ

しかし
これは果たして本当のことなのでしょうか?


最近では、頭皮にシリコンが残留して蓄積してしまうという可能性は、
限りなく低いと言う説が主流になってきました。


シャンプーは基本的には洗い流すものですし、
頭皮もターンオーバーではがれていくものなので、
頭皮に蓄積してしまうことはないようです

また、シリコンの形状はストッキングのような網目状なので、
毛穴に詰まる可能性も低いのだそうです

もちろん皮膚呼吸を妨害するなんてことは決してありません!

確かに一昔前には色々なシリコンの問題点があったようですが、
現在、化学の進歩やメーカーの研究によって、
ヘアケア製品や化粧品に使われているシリコンは、
水溶性シリコン揮発性シリコンになっているので、
頭皮や肌には残留しにくくなっています。


(ただし、成分表示などを見ても、
 水溶性や揮発性のシリコンと、残留しやすい油性のシリコンとの区別がつきにくいのですが。。。)

以上のように、
シリコン入りのシャンプーを使ったからといって、
頭皮に悪影響だとか、
直接、薄毛や抜け毛の原因になるとは言いきれないのです






"ノンシリコンシャンプーについて考える③ ~シリコンが抜け毛の原因?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント