桜花賞の予想

先月11日の大震災の影響で、関東では未だ競馬は行われておりませんが、 
明日はいよいよ2011年のクラシック第一弾、桜花賞(阪神、芝、1600m)が行われますね。 
 
世代最強(牡馬も含めてかも?)との呼び声も高く、 
圧倒的人気が予想されたレーヴディソールが故障離脱してしまい、群雄割拠の牝馬戦線ですが、 
果たして、桜花賞をステップに2011年のニューヒロインとなるような馬は誕生するのでしょうか? 
  
良く「春先の牝馬はフケの影響でわかりにくい」とか言われているし、 
2008年には3連単700万2920円の高配当も生まれ、大荒れのイメージの強い桜花賞ですが、 
その反面、過去10年間の単勝1番人気馬は3着内率90.0%と堅実な成績を残していて、 
最近では極端に荒れるか?上位人気馬同士か?という傾向があるようです。 

単勝オッズが2.9倍以下だった馬は連対率100%となっていて、 
前評判の高かった馬は実力通りの結果を出していますが、 
今年の1番人気馬の単勝オッズは2.9倍以下になることはなさそうなので、 
過去の傾向から行くと極端に荒れる年かも??? 
 
過去10年間の連対馬の20頭中15頭は前走でも連対していて、
さらに過去10年間のうち7年が前走連対馬同士で決着しています。 
牝馬同士のレースだけに、調子の良さが大事なファクターとなっていますね。 
ですが、それ以外の3年は、単勝2ケタ人気の馬が2着以内に食い込んでいるので、 
前走連対馬以外の馬を狙うのなら、 
相手には単勝2ケタ人気の馬で大穴狙いが良いかも知れませんね。 

大穴予想で行くか?それとも無難な予想で行くか? 
難しいところですが・・・ 
 
とりあえず・・・ 
 
本命◎は良血馬④ダンスファンタジア。 
前々走のフェアリーSでは人気に応えて圧勝としたものの、 
前走クイーンCは人気をかぶって6着惨敗と、  
まだ精神的に幼いのか?強さともろさを併せ持っているので、 
信頼度は高いとは言えませんが、 
それでもお母さんダンスインザムードとの母娘制覇を、ニューヒロイン誕生を、 
ついつい期待してしまいます。 
やっぱり競馬はロマンですからねぇ。 
 
となると・・・ 
前走連対馬以外の馬が本命◎なので、 
データ的には相手には2ケタ人気の馬ということになりますが・・・

新設された芝・外回りコースで行われるようになった2007年以降は、 
芝1600m以上の距離で勝ち星のなかった馬の連対はゼロ
というデータも考慮すると、  
人気薄の馬には、なかなか「これだ」っていう馬も見つからないのですが、 
 
対抗○には⑩スピードリッパーを選びました。 
6戦1勝と勝ち味には遅いですが、3着以下無しという堅実派でもあります。 
距離が少し伸びるここでは、前走よりも良さそうです。 
だけど、微妙に2ケタ人気にはならないかも? 
 
▲は⑰トレンドハンター
3連勝中の勢いは十分で、初芝だった前走フラワーCは本当に強い競馬でした
当初はこの馬を本命にしようか悩んだのですが、 
中1週のローテーションが厳しい気がしたので少し評価を下げてしまいましたが、 
あっさり勝っても不思議ではないと思います。 
 
注に未知の魅力十分な⑧マルセリーナ。 
前々走のシンザン記念では世代屈指の実力牡馬たちと好勝負。 
牝馬には先着を許していません。 
キャリアの浅さを嫌って評価を下げましたが、 
この馬もあっさり勝っても不思議ではないと思います。 
 
だけど、レーヴディソールが戦線離脱したにも関わらず、 
有力馬を2頭も送り込んできた松田(博)厩舎は凄いですよねぇ。  
 
他△には、人気でも実績上位の⑯ホエールキャプチャ、 
そして、安定感のある⑦エーシンハーバーを加えて、 
 
今週は思いきって、3連単で勝負します。 
 
馬券は3連単フォーメーションで、 
④-⑩、⑰-⑦、⑧、⑩、⑯、⑰の8点と、 
⑧、⑰ー④-⑦、⑧、⑩、⑯、⑰の8点の計16点。
 

 
明日は競馬も大切ですが・・・ 
  
やっぱり 
馬券を投票する前に、 
統一地方選挙で”清き一票”を投票してこないとね。。。 
 
 

"桜花賞の予想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント