マイルチャンピオンシップの予想

明日は秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(京都、芝、1600m)です。 
 
しかしマイル王決定戦とは言うものの、 
カンパニーやスーパーホーネットなどのマイルGI戦の常連だった強豪馬たちがターフを去ってしまい、 
なんだか寂しいメンバー構成になってしまいましたね。 
古馬のGIレースなのに重賞未勝利馬が5頭も出走できるのですから、 
今年のメンバーは小粒っていう感じですよね。 
抜けて強い馬も見当たらないし。。。 
しかも、春のマイル王安田記念馬の⑦ショウワモダンが今秋シリーズで大不振なので、 
ますます混戦模様に拍車をかけてしまっていますよね。 
 
秋のマイルチャンピオンシップは、過去には最も荒れないGIレースと言われていたこともあったのですが、  
(創設から1994年までは1番人気馬の連対率は100%だった) 
最近ではややその傾向が薄れてきたとは言え、 
過去10年間でも1番人気馬の連対率6割(4,2,0,4)なので、 
比較的人気馬がその実力を発揮するレースとなっています

ですが・・・ 
今年の現時点での1番人気は上がり馬の⑧ダノンヨーヨー。 
前走の富士Sは本当に強い競馬でしたが、 
GIの厳しい流れは未経験なので、全幅の信頼となると微妙な気が・・・ 
とは言っても・・・ 
鞍上は外国人ジョッキーのスミヨンですから、 
今までのような後方からの追い込み戦法ではなく、 
中団からの競馬でインをつくような気がするし。 
となると・・・ 
はまれば圧勝もありそうだなぁ。。。 
それでも 
あえて⑧ダノンヨーヨーは対抗○評価で。 
 
本命◎は高松宮記念馬⑰キンシャサノキセキです。 
最近はスプリント路線で走っているので、ちょっと距離が長いかと思われていますが、 
3歳時にはNHKマイルC3着、このマイルCSで好タイム5着(1:33.2)の実績もありますし、 
4歳時には府中のOP特別で1:32.8で1着(当時の2着はエアシェイディ)の記録もあります
。 
しかも 
マイルCSは、最近でも①ファイングレインやスズカフェニックスなどの高松宮記念馬が3着に好走するなど、 
府中で行われる安田記念と違い短距離馬でも好成績を残しているレースです。 
他にこれと言った実績のある馬もいないここでは1枚も2枚も実績上位ですし、 
多少の距離延長も底力でクリアしてほしいと思います。 
 
と言うことで・・・ 
馬券はいつも通り3連複軸2頭流し。 
 
⑧、⑰から 
マイル重賞の常連で安田記念3着の②スマイルジャック、 
昨年のNHKマイルCの覇者⑥ジョーカプチーノ、 
強い3歳世代の⑨トゥザグローリー、 
前哨戦スワンSで1番人気も惨敗で人気落ちの⑬エーシンフォワード、 
臨戦過程が一昨年のブレーメンブラッドと被る⑤テイエムオーロラ、 
そして今週も強い外国馬旋風が吹き荒れるのか?の⑯サプレザ、 
以上6頭ながしで。
   
お金を損して”参る”ってことにならないように。。。 
 

"マイルチャンピオンシップの予想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント