マスク蒸れによる肌トラブル

関東地方も梅雨に入って、かなり蒸し暑くなってきましたね。
これから高温多湿の日々が続く中でも、新型コロナウイルス感染症対策として、
マスクの着用は欠かせないですよね。

しかし
夏場のマスク着用は、「暑い」、「息苦しい」というだけでなく、
蒸れによる湿疹や吹き出物などの肌トラブルに悩まされる方も多くなってしまいます


基本的にマスクは唾液や飛沫などを封じ込めるので、
通気性は悪くなってしまいます。
特に、医療用の不織布マスクなどはウイルスカット率が高い分、
気密性が高くなってしまいます。

そのため、息に含まれる熱気や湿気、汗や皮脂が皮膚とマスクの間に留まってしまい、
蒸れの原因になってしまうのです

特に、温度と湿度が高いと、
マスクの内側はより雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、
汗や皮脂を放置しておくと湿疹や吹き出物などが出来てしまうのです。



対策法としては、、、

綿ガーゼやシルクといった天然素材の柔らかくて肌への刺激が少ないマスクを使う。

不織布マスクを使う際には、マスクと肌の間に1枚綿ガーゼやキッチンペーパーなどを挟む。

マスク内の湿気で雑菌が繁殖するのを防ぐため、汗をかいたらこまめに拭き取る。

帰宅後にマスクを外したらすぐに洗顔した上で、
基礎化粧水や保湿クリームなどを使った丁寧なケアを欠かさないようにする。


などのことが重要です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント