40代、50代で増えている!?

ネットを見ていたら気になる記事を発見
 https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0616/dol_210616_8918963272.html


心不全は高齢者の病気と思われがちだが、
近年は原因疾患の高血圧症や2型糖尿病が増加し、
40代、50代で増えているのだそうです



心不全のステージ(病期)は、A〜Dに分類される。

ステージAは、高血圧症など基礎疾患があり、
心臓に異常が生じる可能性が高い状態。

ステージBは、心臓に異常が生じているものの、
まだ息苦しさなどの自覚症状はない「無症候性」の段階。

ステージCは、心臓に異常があり、心不全特有のむくみや息苦しさが生じる。
激しい呼吸困難、強い胸の痛み、チアノーゼなどを伴う急性心不全で救急搬送されることもあるが、
この段階では治療に反応して、症状を和らげることができる。

ステージDに進行すると、治療手段が尽きて死に至る。
心不全の5年生存率は50%。最新のがん統計による全がんの同64.1%より悪いのだそうです


心不全の予防は「発症予防」と「再発予防」の2段階だそうです。
心臓に負担をかける生活習慣病にならないよう、
健康的な運動・食習慣を続けることが重要なのだそうです。


すでに基礎疾患があるステージA、Bの心不全予備群では、基礎疾患の治療が最優先だそうです。


わたくしはどちらかと言うと低血圧で、上でも100に届くかどうか?っていう位だし、
ほとんど毎朝10kmほど走っているので、
一見心不全の心配は無さそうに思われますが、
大食漢で甘党なだけでなく、塩っぱい食べ物や揚げ物なども大好きなので、
やっぱり油断は出来ませんよね

もう50歳を過ぎているんだから、
もう少し健康に気を使った食生活をしなきゃダメなのかなぁ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント