花粉症の頭皮ケア

前回は花粉により頭皮自体が荒れてしまい、頭皮がかぶれたり、フケやかゆみが出る。
皮脂や汚れとともに花粉が毛穴を塞いでしまい、頭皮が不潔な状態になりやすい。
など、花粉症が原因で頭皮環境が悪化してしまうというお話をしました。

頭皮のかゆみや抜け毛を引き起こさないためにも、
花粉の季節にはいつもより丁寧なケアが大切ですので、
今回は花粉症のための頭皮ケアについてお話します


基本的な花粉症対策の頭皮ケアは毎日のシャンプーを念入りにして、
頭皮や髪の毛の花粉をしっかり落とすことです



花粉がついた体でそのまま寝てしまうという行為は絶対に避けて、
外出先から帰宅したら、なるべく早くお風呂に入って花粉を流しましょう!


また、外出から帰宅したら、すぐに衣類についた花粉を払い落とすとともに、
髪の毛についた花粉もブラッシングで払う習慣を付けましょう!


ブラッシングの際にはプラスチックやポリエステルなどの帯電しやすい素材のブラシは避け、
できれば天然素材や静電気防止加工が施されたブラシや粗目のコームを使って、
毛先のほうから少しずつとかしていって、髪の毛のもつれをほぐし、
最後に全体をゆっくりとかすようにしましょう!

ブラッシングで花粉やほこりを取り除くことで、
シャンプーの時に髪の毛が絡まることなく、
泡立ちも良くなるという効果もあります。


毎日のシャンプーを念入りにと言いましたが、
花粉を落とすためと過剰なほど念入りにやる必要はありません。

ゴシゴシと強く洗うと頭皮を傷つけてしまうし、
洗いすぎは皮脂を落としすぎてしまい、頭皮を乾燥させてしまい、
余計に頭皮が荒れやすくなってしまいます。

しっかりと泡立てて、指の腹を使ってやさしく洗いましょう!

頭皮にシャンプー剤が残っているとフケやかゆみが悪化してしまいますので、
すすぎは特に念入りに行いましょう!



痛んだ髪、乾燥した髪の毛や頭皮は静電気を帯びやすく、
花粉が付きやすくなってしまいますので、
保湿成分の高いシャンプーやトリートメントを使って髪の毛の乾燥を防ぐとともに、
シャンプー後には頭皮専用化粧水や美容液などで頭皮を保湿するようにしましょう!


そして、ドライヤーで乾かす前やお出かけ前などは、
アウトバストリートメントなどをつけて髪の毛に静電気が起こるのを防ぎましょう!


この時には、つけすぎたりオイル分が多い物を使うと逆にベトベトしてしまい、
余計に花粉がつきやすくなったりするので、気をつけましょう!


当たり前のことですが、帽子をかぶることは、
髪の毛や頭皮を花粉から守るために最も効果的ですので、
頭皮のトラブルがひどい方は、なるべく外出の際には帽子をかぶるようにしましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント