乾燥肌対策に良い食べ物

前回は「毎日の食事で乾燥肌対策」というお話で、
「食べ物から肌を健康的に保つ栄養素を毎日摂ることで、
栄養不足によるターンオーバーが改善されて、肌を内側からケアできます。」
と言いました。
それでは、いったいどんな物を食べると乾燥肌対策に良いのでしょうか?


基本的には1日3食、規則正しい時間に、
出来るだけ多くの食材をバランス良く食べることが基本ですが、
乾燥肌の方は特に次の栄養素を多く摂ると良いと言われています。


肌細胞を構成するタンパク質。

タンパク質はアミノ酸に分解されて、皮膚や筋肉、血液などの材料になる栄養素です。
しっかり摂ることで、健康的な肌細胞を作り、バリア機能が正常に働きます。
肉や魚、卵に含まれる動物性タンパク質と、大豆に含まれる植物性タンパク質は、
1:1で食べることが理想とされているので、バランス良く食べましょう!


皮膚粘膜を正常に保つビタミンA(β-カロテン)。

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持に役立つ栄養素です。
にんじん、ほうれん草や海藻類、卵、レバーなどに多く含まれています。


肌を保護するビタミンB2、B6。

ビタミンB 類は、タンパク質をエネルギーに変換するのを助けるとともに、
皮膚の再生や保護など健康維持に役立つ栄養素です。
ビタミンB2はレバーや豚肉、納豆などに含まれ、
ビタミンB6は、鶏肉やレバー、にんにくや魚介類などに多く含まれています。


コラーゲンの生成を促すビタミンC。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す栄養素です。
赤ピーマンやブロッコリー、セロリ、キウイやレモンなどに多く含まれています。


抗酸化作用のビタミンE。

ビタミンEは、細胞膜の構成成分であり、
肌細胞の酸化を防いだり、血行促進を促したりする栄養素です。
サバなどの魚介類や植物油やナッツ類などに多く含まれています。


肌のターンオーバーを促進する亜鉛。

亜鉛は肌細胞の代謝に必要な酵素を作り、皮膚を健康に保つ栄養素です。
うなぎや牡蠣などの魚介類、海藻などに多く含まれています。


ビタミンAやビタミンEなどは脂溶性ビタミンといい、
油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。
ただし油の摂り過ぎは逆に乾燥肌やカロリー過多の原因になるため、
食べ過ぎには注意が必要です。

ビタミンCは肌加熱や流水によって栄養素が減少するため、
できるだけ生で食べることが大切です。


以上の栄養素や食品が乾燥肌対策には効果がありますが、
いずれにしても、毎日、同じ食べ物ばかり食べていると栄養が偏ってしまい、
皮膚のターンオーバーが乱れて、乾燥肌が悪化する原因になることもあります

乾燥肌をケアするには、種類豊富な食べ物を食べる必要がありますので、
栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント