三寒四温とは

一昨日、昨日と暖かい日が続いたと思ったら、
今日は気温がグンと下がって寒くなりましたね。
明日以降もしばらく寒い日が続くという予報です。
こう暖かい日と寒い日の寒暖の差が大きいと、
体調管理が難しくなりそうですね

日本では早春になると低気圧と高気圧が交互にやってきて、
低気圧が通過し寒気が流れ込んで寒くなった後、
今度は高気圧に覆われて暖かくなり、
周期的な気温の変化を繰り返すことが多くなります。

このように一定の周期で寒い日と暖かい日が繰り返されることを、
一般的に「三寒四温」と言っていますよね。



「三寒四温」とは読んで字のごとく、
寒い日が3日間続いた後に、暖かい日が4日間続くという意味で、
寒暖の周期を表す言葉です。

日本では主に冬の終わりから春先にかけての、
ちょうど今頃に使われることが多いのですが、
本来の意味とはちょっと違っているようです。


正式な「三寒四温」とは、冬に3日間寒い日が続くと、次に4日間暖かい日が続き、
また寒い日が訪れるというように、7日の周期で寒暖が繰り返されることを言います。


そうなのです
「三寒四温」とは春先ではなくて冬に使われる言葉なのです


もともとはシベリア高気圧の影響で朝鮮半島や中国北東部に典型的に現れる現象で、
それが日本にも伝わってきたと言われています。

しかし、日本では太平洋高気圧の影響で、冬の間に「三寒四温」の現象が現れることは稀で、
似たような現象が起こるのは冬の終わりから春先にかけてのことなので、
春先に低気圧と高気圧が交互にやってきた時の気温の周期的な変化を意味して、
春先に使われるようになってきたのだそうです


言葉というものは時代ととに変化していくことも多いので、
本来の意味とは違っていたとしても、
「3歩進んで2歩下がる」と同じように、
「4日暖かくて3日寒い」でプラス1日ずつ暖かくなるってことで、
春を待ちわびる言葉としても良いんじゃないかと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント