熱中症アラートとは

今月に入りやっと梅雨が明けたと思ったら、
毎日暑い日が続いていますね
「暑くないと夏らしくない。」とは言っても、
さすがに暑過ぎるのも困ってしまいますよね。
特に、今年は梅雨が長くて気温も上がらなかったため、
急激な気温差に、余計に体調を崩しやすくなってしまいますよね


今日7日(金)の関東甲信地方は昨日以上の暑さとなり、
午後は熱中症のリスクが非常に高まる予想となっています。

このため、気象庁と環境省は共同で、
東京都、千葉県、茨城県に「熱中症警戒アラート」を発表しました。


「熱中症警戒アラート」とは、これまで最高気温がかなり高くなると予想されるときに発表されていた、
「高温注意情報」を発展させたものです。
まずは今年7月1日〜10月28日の約4ヵ月間、
東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨・長野の関東甲信地方の1都8県で実施され、
来年は全国で本運用が始まります。

1都8県のどこかの地点で暑さ指数(WBGT)が33以上になると予想された場合に都県単位で、
前日の17時頃か当日の5時頃に「アラート」が発表されます。



ちなみに、暑さ指数(WBGT)は、Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略称で、
3種類の測定値(黒球温度、湿球温度及び乾球温度)をもとに算出されます。

屋外での算出式は、
WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.2 × 黒球温度 + 0.1 × 乾球温度
屋内での算出式は、
WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.3 × 黒球温度
単位は摂氏度(℃)になります。


「熱中症警戒アラート」が発表されたら、
1.気温・湿度・暑さ指数を確認しましょう!
2.熱中症リスクの高い方に声かけをしましょう!
3.外での運動や活動は中止/延期しましょう!
4.「熱中症予防行動」を普段以上に実践しましょう!


特に今年は新型コロナウイルス対策として、
環境省、厚生労働省が示している「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントとして、
以下のことが掲げられています。
(1)暑さを避けましょう!
(2)適宜マスクを外しましょう!
(3)こまめに水分補給しましょう!
(4)日頃から健康管理をしましょう!
(5)暑さに備えた体づくりをしましょう!



これから来週にかけて、この夏の暑さのピークとなる見込みだそうなので、
熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は特に注意をして、
その他の方々も万全の熱中症対策を行いましょう


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント