エタノールを詰め替える際の注意点

前回に引き続き、今回もエタノールのお話です


以前に、当ブログの「消毒用アルコールとは?」という中で、
「エタノールは水分の含有率が20%程度で消毒効果が最大になるため、
 厚生労働省が定めている医薬品の品質規格基準書「日本薬局方」では、
 消毒用エタノールは濃度が76.9v/v%~ 81.4v/v%と定められています。」

と言いました。

薬局で売られているエタノールには、
無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの3種類がありますが、
それぞれ含有するエタノールの濃度が異なります。

無水エタノールはエタノール濃度が99.5vol%以上 、
エタノールはエタノール濃度が95.1~96.9vol% 、
消毒用エタノールはエタノール濃度が76.9~81.4vol%と区分されています。



エタノールは濃度が80%前後のものが最も消毒効果が優れているので、
消毒には消毒用エタノールが使用されます。

なぜなら、それ以上のエタノール濃度だと発性が高過ぎて、
ウイルスを除去しきる前に蒸発してしまう可能性があるためです。

無水エタノールは清掃に最も適したものになりますが、
消毒や殺菌目的として使用するためには、
精製水で濃度を薄めて使う必要があります。


しかし
薄めたエタノールや消毒用エタノールをスプレーボトルに詰め替える場合には、
注意が必要です



エタノールなどのアルコールはプラスチックを溶かすことがあるため、
高濃度のアルコールにも耐えられて、
製品の品質や安全性が維持できる容器を選ばなければなりません。

実はプラスチックには素材の違いで10種類以上あるのですが、
エタノールや様々な薬品類を入れることが出来るものと、
入れることが出来ないものがあります

エタノールを入れることが出来るプラスチック素材は、
ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC、ただし硬質のみ)と、
「アルコール対応可」という表示が書いてあるポリエチレンテレフタレート(PET)だけです。



ポリエチレンテレフタレート(PET)はいわゆるペットボトルの素材ですが、
ワインや焼酎用のペットボトルは容器内部をコーティングすることで長期間品質を保つことが出来るので、
PET容器によっては「アルコール不可」と書かれているものもあるため、
購入前に必ず商品の「使用上の注意」を確認する必要があります。


エタノールが使えないプラスチック素材としては、
ポリスチレン(PS)、アクリル樹脂(PMMA)、SAN樹脂(AS)、AB樹脂(ABS)などがあり、
これらを使用すると、長期間使うと膨張したり、
ヒビが入って割れたりしてしまいます。


新型コロナウイルス感染症の消毒にはエタノールが効果的だということで、
ボトルに入って売られているものを詰め替えて、
持ち運びして使いたいと思っている方も多いかと思いますが、
その際には素材選びにくれぐれも注意しましょう!

そして、エタノールは揮発性の液体なので、蓋をしっかりしましょう!

また、エタノールは危険物に該当し引火しやすい性質があるので、
火気に近づけないようにしましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント