除菌と抗菌

菌やウイルスから身を守る言葉には、
「殺菌」、「除菌」、「抗菌」、「滅菌」、「消毒」とたくさんの表現がありますが、
これらの言葉には当然、意味に違いがあって、
前回は、「殺菌」、「滅菌」、「消毒」についてお話ししたので、
今回は、「除菌」と「抗菌」についてのお話をします


「除菌」とはその名の通り”菌や微生物を取り除く”ことです。

洗剤・石けん公正取引協議会の規約によると、
「物理的、化学的又は生物学的作用などにより、
 対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を有効数減少させることをいう。
 ただし、当該細菌には、カビ・酵母などの真菌類は含まない」
ということだそうです。

広い意味では「殺菌」することも「除菌」に含まれますが、
医薬品や医薬部外品以外の食器用洗剤や洗濯用洗剤、アルコールスプレーなどの製品では、
「殺菌」という言葉を使うことが出来ないので、
代わりに「除菌」という言葉が使われるのです。


「抗菌」とは”菌や微生物の増殖を抑制する”ことです。

菌や微生物が住みにくい環境をあらかじめ作ることを意味する言葉で、
「殺菌」や「除菌」のように直接菌を殺したり取り除いたりするのではなく、
菌や微生物の増殖を抑制あるいは阻害することを言います。

キッチン用品や靴下などの繊維製品、衣類の柔軟仕上げ剤などの表示などに使われて、
日本工業規格(JIS)で試験法が規定されています。


補足ですが、、、

菌や微生物の発育・増殖を抑えることを意味する「静菌」という言葉もあり、
静菌作用があるなどという使い方をされます。


色々な表現方法がありますが、
一般的には「滅菌」>「殺菌」「消毒」>「除菌」>「抗菌」という感じで、
強力な効果があるという認識がされているようですね。


ただし、厳密に言うと、菌や微生物から守る対象物も違えば、
法律によって使うことが出来る表現があったりもするので、
しっかりと製品の使用方法を守って、
正しく使用するように心がけましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント