殺菌と消毒

新型コロナウイルス感染症対策には、
石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒が非常に重要だということで、
わたくし達も今まで以上に手洗いや手指の消毒を行っていますが、
殺菌効果のあるハンドソープや手指消毒用アルコール、除菌ウェットティッシュなど、
営業上でも必要な商品がどこのドラッグストアなどでも品薄なので、困っています

まぁ、これはお店をやっている方だけではなく、
今はみんながみんなそうなんでしょうけれど。。。


こうして菌やウイルスから身を守るための言葉には、
「殺菌」、「除菌」、「抗菌」、「滅菌」、「消毒」とたくさんの表現がありますが、
これらの言葉には当然、意味に違いがあります。



こうした言葉は大きく分けると、
「菌を殺す」ものと「菌を殺さないが増殖を抑える」ものの二つに分けられ、
前者が「殺菌」、「滅菌」、「消毒」で、
後者が「除菌」と「抗菌」です。

そして、前者は医薬品医療機器法(旧・薬事法)に基づいて厚生労働省が表示の規制をしていて、
医薬品や医薬部外品のみで使うことが出来る表現で、
後者はそれぞれの製品の業界団体が表示の自主基準を定めていて、
医薬品や医薬部外品ではない製品で使われています。


「殺菌」とは、文字通り”細菌やウイルスを殺す”効果のことです。

ただし、死滅させる菌やウイルスの種類や死なせる量に明確な定義はなく、
例えば90%以上の菌が残ってしまっていても、
ある特定の菌だけでも殺せていれば、「殺菌」と表示することができます。

前述の通り、「殺菌」という言葉は薬機法の対象となる消毒薬などの医薬品と、
薬用せっけんなどの医薬部外品のみに使用できる表現なので、
例えば食器用洗剤や洗濯用洗剤などの製品に殺菌効果があったとしても、
「殺菌」という表現は使用出来ません。


「滅菌」とは日常生活ではあまり目にする機会はありませんが、
病原体・非病原体を問わず、すべての微生物を死滅または除去することです。


これは定義がはっきりとしていて、日本薬局法では微生物の生存する確率が 100万分の1以下になることをもって、
「滅菌」と定義しています。

電磁波や放射線を使用したり高圧や高熱をかけたりして滅菌処理することが多く、「滅菌」とはわたくしたちの日常生活ではあまり見聞きすることがない言葉だと思いますが、
病原体・非病原体を問わず、すべての菌やウイルス、微生物を死滅、または除去することです。
医療現場や研究施設などで使われています。


「消毒」とは、対象物に存在している病原性のある菌や微生物を、
その対象物を使用しても感染症を引き起し得ない水準にまで減らすことです。


「消毒」の目的はあくまで無害化であるため、
必ずしも細菌を死滅させていなくても、病原体の感染力を不活性化させたり、
危険ではない程度にまですることも無害化にあたるので、
消毒に分類されるそうです。

「消毒」という言葉も「殺菌」と同様に、
薬機法上で「医薬品」や「医薬部外品」のみに使うことが出来るため、
効能などを表記する際に殺菌と消毒をまとめて殺菌消毒などと言われたりするなど、
ほぼ同じ概念として扱われてしまうことも多いのですが、
専門的には異なる概念であるそうです。


われわれ理容師は新型コロナウイルス感染症が発生する以前から、
鋏や剃刀や櫛などお客様の皮膚に接する器具は、
理容師法に基づいた消毒法を行っていました。

もちろん
新型コロナウイルス感染症が拡大してからは、
理容師法に基づいた器具以外にも、
お客様が座っている理容椅子やお客様が触っているドアなども消毒を行っています。



当店でお客様に新型コロナウイルスを感染させてしまうようなことは、
絶対にさせてはいけないと思っていますので、
細心の注意をもって営業しています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント