髪の毛のハリ・コシ対策 その④

またまた間が空いてしまいましたが
髪の毛のハリ・コシ対策についてお話しします

髪の毛のハリ・コシが出るように、頭皮環境や生活環境を整えて、
これからハリ・コシがある髪が育つようにすることが最も重要なのは言うまでもありません。

しかし、今のハリ・コシのないぺしゃんこな髪の毛を、
ふんわりとボリュームのある髪の毛にしたいと思っている方も多いかと思います。

以前の、
「髪の毛のハリ・コシ対策 その①」
に重複してしまう部分もありますが、
今回はハリ・コシのない髪の毛にボリュームを出す方法についてお話しします


以前もお話ししたことですが、、、

髪の毛のボリュームUPのために、特に重要なのがドライヤーのかけ方です

髪の毛は乾く時に形が決まります。
そのため、生乾きのままにしておくと、
水分を含んだ髪の重みで髪の毛がぺったんこになり、
そのまま乾いてボリュームがなくなってしまいます。

乾きにくい根元や後頭部を乾かした後に、
根元が自然に立ち上がり、ボリュームが出やすくなるように、
根元を立ち上げるようなイメージで下から上に向かってドライヤーを当てるようにする。
ドライヤーの仕上げは冷風でキューティクルを引きしめる。


この様に、ドライヤーで根元を乾かして髪の毛の立ち上がりを付けるだけで、
見違えるようにボリュームアップしてくれます


この時に、髪の毛をボリュームアップする効果のあるスプレータイプのスタイリング剤を使って、
髪の毛を持ち上げながら髪の内側からスプレーするとより効果的です。



ヘアワックスで根元から立ち上げるようにスタイリングするという方法もありますが、
ただでさえハリ・コシのない髪の毛にはワックスの油分は逆に重くなってしまい、
時間が経つと余計に潰れてぺしゃんこになってしまう可能性があります

ショートスタイルの男性の場合は、
ワックスよりもジェルやムースの方が立ち上がりがキープしやすいでしょう。


これも髪の毛の重さの話になりますが、
髪の毛のハリ・コシがなく細くなってきたことを気にするあまり、
髪の毛を伸ばしたり、梳くことを嫌がる方も多いです。

しかし、髪の毛は適度にカットしたり梳かないでいれば、
伸びて重くなった髪の毛によって、余計に髪の毛がペタンとしてしまいます

確かに髪の毛を梳き過ぎるとボリュームがなくなってしまいますが、
適度に髪の毛を梳くことで、髪の毛に動きがつきやすく、
立ち上がるようになります。

トップの髪の毛をある程度短くカットしたり梳いたりして、
髪の毛に動きが出るようなショートレイヤーなどのヘアースタイルにすることも、
ハリ・コシのない髪の毛にボリュームを出す方法になります



また、パーマやアイロンパーマを施して、
髪の毛の根元がふんわりと立ち上がるようにするといった対策法もあります


しかしながら、髪の毛のダメージは髪の毛のハリ・コシを失う大きな原因となってしまいますので、
パーマやアイロンパーマをかける際には、
出来る限り髪の毛にダメージを与えないような細心の注意が必要です。

そして、パーマやアイロンパーマをかけた髪の毛は、
しっかりとトリートメントをしてダメージをケアしましょう。



当店「カットハウス897(YAGUCHI)」ではお客様の髪の毛のお悩みについてアドバイスいたします。
もちろん、髪の毛のボリュームが出るようなカットやパーマ、アイロンパーマも施術いたします。

ですから、遠慮なくお気軽にご相談下さい


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント