寒いと眠くなるのは

寒い、寒いと思っていたら、
今日は雪が降っていましたねぇ。。。
冬だから寒いのは仕方がないこととはいえ、
わたくし寒いのは大の苦手なので、
真冬は本当に辛いです
早く暖かい春になって欲しいと切に願うばかりです


特にこの時期は毎年、夜間は青色申告のための事務仕事をしなけらばならないので、
寒いのは本当に本当に辛いです

ただでさえ数字と睨めっこしていると眠くなってくるのに、
寒いと余計に眠くなってしまいます

ですが、寒いと眠くなるのは、
いったいどうしてなんでしょうか?


眠りのメカニズムの基本として、
睡眠は体温(「深部体温」と呼ばれる身体の奥の体温)のリズムと深く関係しています。

体温は、約1日の周期で1℃くらいの範囲で上下していますが、
夕方から宵の口をピークに下がり始め、
明け方にかけて徐々に上がってきて、
活動の準備が始まります。

睡眠は体温のリズムと連動して、
体温が下がらないと眠くならない仕組みになっているのです。



といことは、外気温が下がって体温も低下しがちな冬は、
やっぱり夏よりも眠くなりやすいってことなんでしょうね。 

動物には寒さに適応するために体温を低くして代謝を下げ、
生きるために必要なエネルギーを平常時よりも少なくするために、
冬眠する種族もいるくらいですから。


他にも、冬は日光を浴びる時間が短いため、
覚醒を促進したり、感情を調節したりするセロトニンが減少し、
脳の機能が低下します。

また、睡眠を調節しているメラトニンの分泌量が変化して体内時計を狂わせます。

このように、冬になるとセロトニン・メラトニンの分泌量のバランスが悪くなるため、
眠気を感じやすくなるという理由もあるのだそうです


他にも色々な理由があるのでしょうけれど、、、

寒い日にはあたたかいお布団に入ってゆっくりと寝る

これがこの上ない幸せな行為ですから、
寒いとお布団に入って寝たくなるのは必然なんですね (゚ー゚;)(。_。;)(゚-゚;)(。_。;)ウンウン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント