シワの対策法

しばらく間が空いてしまいましたが、
今回はシワについてのお話の続きで、
シワの予防や対策法をお話いたします


以前にお話済みですが
シワには3種類あり、種類によって原因や対策法が異なります。



1つ目の種類は表皮ジワといい、
お肌表面の乾燥や紫外線の影響で、
肌表面が水分不足になってに柔軟性がなくなり、
皮膚に線状の溝ができるために目尻や口元にできる、
浅くて細かいシワのことです。

表皮ジワは乾燥小ジワやちりめんジワとも言われ、
お肌の乾燥が主な原因なので、
正しいケアを行えば予防や改善が期待できます。

表皮ジワを予防するためには、
うるおいのあるお肌を保つ日々の保湿ケアが大切です。

保湿ケアには、水分不足のお肌にうるおいをたっぷり与える、
セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った化粧品を使い、
やさしくスキンケアを行いましょう!



2つ目の種類は真皮ジワといい、
加齢や紫外線による光老化が原因で、
弾性線維の変形と膠原線維の変形・減少によって真皮のハリや弾力を失ってできる、
面積の広い下まぶたやほうれい線にできる、
深い大きなシワのことです。

加齢を防ぐことはできませんが、
真皮ジワを予防するためには、
まず第一に紫外線からお肌を守ることが重要です

紫外線はシワだけでなくお肌の老化の原因でもあるので、
日中外出する際には紫外線予防アイテムを使用して、
しっかり紫外線対策を行いましょう!

また、真皮ジワは繊維芽細胞の衰えが原因なので、
不足したコラーゲンやエラスチンといった繊維芽細胞の生成を促す、
レチノールやビタミンC誘導体などが配合された美容液を使って、
スキンケアを行いましょう!



3つ目の種類は表情ジワといい、
額、眉間、目尻、鼻などよく動かす部分にできる、
表情のくせによる作り出されるシワです。

表情ジワを作らないようにするためには、
無意識のうちにしてしまう表情の癖にも気をつけることが第一です

しかし、表情の癖に気をつけるといっても、
なかなか癖になったものを意識して改善するのは難しいかと思います。

表情ジワも若いハリのあるお肌にはできにくく、
年齢を重ねるほどに真皮に深く刻まれてシワが定着してしまうものなので、
日々の保湿ケアで柔軟でハリのあるお肌をキープするように努めることが重要です。

また、お顔の筋肉を鍛えることでシワを改善できるように、
表情筋を鍛えるエクササイズを行いましょう!



以上のように、シワの種類によってその予防や対策法は変わってきますが、
シワは加齢によるお肌の弾力低下や乾燥が原因でできるので、
シワができにくい若々しいお肌を保つことが、1番の対策法になります。

そのためには、
やさしく丁寧な日々のスキンケアを行う。
しっかりと紫外線予防を行う。
質の良い睡眠や栄養バランスの良い食事を摂るなど生活習慣を見直す。
といったことを意識して、
肌老化を防いで若々しいお肌を保つように心がけることが、
何よりも大切なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント