冬がはじまるよ

今日11月8日は2019年の立冬です。
立冬とは二十四節気の1つで「冬の始まり」を意味します。
っていうことは、暦の上では今日から冬っていうことになるんですねぇ
 (○´I`)(○-ェ-)ウンウン

どうりで今朝は寒かった訳ですねぇ。。。


二十四節気とは古代中国で作られた暦で、
1年を24等分にしてそれぞれに名前を付けたもので、
日本では平安時代から使われています。

二十四節気は太陽の運行に基づいていて、
1年で最も昼の長い日を夏至、1年で最も昼の短い日を冬至、
昼と夜の長さが同じ日を春分・秋分として、
この4つを春・夏・秋・冬の中心として決めた暦です。
この4つの節気は合わせて「二至二分」と言います。


立冬はこの秋分と冬至のちょうど中間の日で、冬の最初の節気です。

また、立春・立夏・立秋・立冬の4つを「四立」と言い、
それぞれ春夏秋冬の始まりの日として重要な節気となっています。



4つの節気はそれぞれ春夏秋冬の始まりを意味しますが、
実際の季節感とズレていると感じることがありますよね?

二十四節気は夏至を夏の、冬至を冬の、春分・秋分をそれぞれ春と秋の中心として、
1年を4等分して春夏秋冬を決めているということと、
二十四節気が作られたのは紀元前の中国黄河流域のため、
現在の日本の気候とはズレがあるのは仕方がないということになるのだそうです (。 ・ω・))フムフム


季節の始まりの重要な日なのですが、
立冬にはこれをするとかこれを食べるとかの特別な風習はありません。

ですが、二十四節気の生まれた中国のことわざには、
「立冬補冬、補嘴空」というものがあるそうです

立冬の時にはこの季節に収穫された物を食べて栄養を補給して体調を補って、
寒い冬を乗り越えるという意味合いがあるそうです。


これから迎える寒い季節には、
旬の野菜がたっぷり入った鍋物やスープ類などの暖かい食べ物で栄養を補給して、
風邪などひかないようにしたいですよね (*゚ー゚)*。_。)*゚ー゚)*。_。)ウンウン


だけど、、、

「冬の始まり」と言うと、、、

槇原敬之の「冬がはじまるよ」をイメージしてしまうのは、
アラフィフの宿命念ですかねぇ。。。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント