シワが出来る原因 その②

少し前にシワが出来る原因についてお話しました
そこで、シワが出来る原因には様々ありますが、
加齢によるお肌の弾力低下、
紫外線による真皮や表皮へのダメージによるお肌の弾力の低下、
加齢による女性ホルモン量の低下によるお肌の弾力低下、
があるとお話しました。

これらの原因は主に、お肌の弾力の低下によるシワで真皮ジワと言い、
面積の広い下まぶたやほうれい線にできる深い大きなシワのことです。


これらのこと以外にも、シワの出来る原因があるのです


以前の「シワの種類」というお話の中で、
「シワには3種類あり、種類によって原因や対処法が異なります。」
とお話しましたが、
目尻や口元にできる浅くて細かいシワの表皮ジワは、
お肌の乾燥が原因で出来てしまうのです



お肌は3層構造になっており、外側から順に表皮、真皮、皮下組織となっています。

表皮はさらに4層構造になっており、1番外側にあるのが角質層です。

お肌が乾燥すると角質層の角質がはがれて、中にあるお肌の潤いが蒸発するため、
お肌に隙間ができてしまいます。
これがいわゆる”小ジワ”と呼ばれる、表皮ジワなのです。


お肌が乾燥してしまう原因は、
気温や湿度の低下による乾燥と、
加齢によるお肌の水分保持力の低下による乾燥があります。



さらに
乾燥したお肌をお手入れもせずに、そのまま放っておくと、
年齢に関係なくお肌の表面には小ジワがどんどん増えていき、
乾燥が原因のシワが出来やすいお肌になってしまいます

小ジワがしだいに深い真皮シワとなり、
ほうれい線へと悪化したりするのです

そうならないように、お肌が乾燥しないような対策が必要なのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント