何十年振りの言葉

当ブログではプライバシーの問題などもあるため、
あまりお客様のお話しはしないようにしているのですが、、、


今回は昨日の出来事をお話しますね


昨日の午後の予約の空いている時間に、
初めての初老のお客様がご来店下さいました。

当店「カットハウス897(YAGUCHI)」は予約優先制で営業しているため、
めったに飛び込みのフリー客を承ることは出来ないのですが、
昨日はちょうど空き時間だったため、
「今大丈夫ですよ!」
と言ってご案内しました。


最近はここ中野島も低料金の理容店が増えているため、
新規のお客様には会計時のトラブルを避けるために、
まずはカット料金のご説明をしています。



オーダーは五分刈りでシャンプーも顔剃りもお願いしますということだったので、
「丸刈りカットコースで3350円になります!」
とご説明しました。

そこでの第一声が、
「そんなにするの?」
っていうことでした。


先程もお話したように、
最近はここ中野島も低料金の理容店が増えているため、
そういう理容店を利用している方々にとっては、
やはり高く感じてしまうようです


残念なことですが、
そのようなお客様には折り合いが合わないため、
お帰りなさっていただくしかありません。


「大丈夫ですか?いかがなさいますか?」
とお尋ねしたところ、
昨日のそのお客様は、
内心では高いからやめようかと思っていたかも知れませんが、
財布の中身を確認してから、
「持っているから大丈夫です。」
というお返事でした。


なので、カット椅子にお通しして、
カットをするためにタオルとカットクロスを首に巻いた後で、
「お首は大丈夫ですか?苦しくないですか?」
と、何気なくいつも通りにお聞きしたところ、、、

そのお客様は急に怒り出して、
「首になんてなっていない!」
と言いました。


わたくしは、
「いや、そう意味じゃなくって。
 お首が窮屈で苦しくないかと?」
とご説明しましたが、どうにも理解されなかったようで、
「クロスを巻いているのでお首はきつくないですか?
 苦しくないですか?」
と再度お尋ねしました。


すると、そのお客様は、
「自営なんだから首になんてなっていない!」
と、さらに怒り出してしまいました。


これは勘違いだとすぐに理解できたので、
「すみません。そういう意味ではなかったのですが。」
と、大人対応で一言謝りましたが、
続け様に、
「首になってないって言っているだろう!
 お前は馬鹿かっ!!」

と言われてしまいました。


いくらお客様の勘違いだとは言え、
面と向かって、
「お前は馬鹿かっ!!」
なんてことを言われたのは、
おそらく中高生の時以来だと思いますが、
何十年振りなんだろう???



さすがに、ムカッとしましたが、
そこも大人対応で黙ってカットに入りました。


当店では五分刈りと言っても、低料金店との違いを出すために、
バリカンでカットした後には、
鋏を使って出来るだけ頭を丸くカットしたり、
きれいにネックラインを整えたりしています。


それをお客様も分かって頂けたようで、
カットを仕上げて鏡を見せた時には、
もう怒ってはいないようでした。


そして、シャンプーをして頭皮や肩のマッサージを行った際には、
「こんなに丁寧なマッサージをしてもらったのは初めてだ。」
と言って頂けました


確かに最近は低料金店が増えてきていて、
当店の様な料金体系の理容店は、
消費者の視点から見たら高く感じてしまうかも知れません。

ですが
その料金に見合った、いやそれ以上に、
出来るだけ親切丁寧な技術を提供することを心がけています

ですから
それを理解して頂けているお客様方にご来店して頂けていると、
そう思っています



そのお客様が当店の料金に納得してお帰り頂いたかどうか?
またご来店して頂けるかどうか?
それは分かりませんが。。。

とりあえず、帰る頃には、
最初に怒っていたのは治まってくれたことは間違いないかと思います。


確かに、最初に料金のお話をしてから、
「お首はきつくないですか?苦しくないですか?」
って聞いたし、
その言い方が良くなかったのかも知れないので、
上手く伝わらずにそういう勘違いをされたのでしょうから、
わたくしにも非があったんだろうなぁと思います。

日本語は本当に難しいですねぇ。。。


だけど、この年齢になって、しかも今どき、
「お前は馬鹿かっ!!」
なんてことを言われるとは思わなかったなぁ(苦笑)。。。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント