御髪神社のお守りを頂きました (^o^)

京都に旅行に行った”とこや”の同業者の方から、
御髪神社のお守りを頂きました


IMG_1145.JPG

御髪神社は日本で唯一の「髪」の神社です。

亀山天皇(一二五九〜一二七四年)の御代に藤原鎌足の末孫で、
皇居の宝物守護にあたる武士でありました北小路左衛尉藤原基春卿は、
文永年間下関に居を構え、紛失した宝刀『九王丸』の探索にあたりました。
基春卿の三男、藤原采女亮政之は、その間、生活の糧を得るため、
その地に於いて庄屋の婦女の髪を結って父を助けました。
これが『髪結い職』のわが国の起源となります。

御髪神社は、政之公を祭神として、御髪大神と称え祀り、
『髪』すなわち『神』に通ずるものとして、
基晴卿、政之公と最も縁の深い亀山天皇御陵地の小倉山山麓に建立され、
主神の政之公の御神像をご本尊として祀っております。

ということなのだそうです

IMG_1148.JPG


また、境内にある「髪塚」には、献納された後の髪の毛が納められます。
この髪の毛は毎日祈拝され、永遠にここに保管されます。
毎年春と秋には業祖神奉祭と髪供養も行われます。
この日には一般の参拝客だけでなく理美容業界の関係者が訪れることもあり、
大変賑わっているのだそうです。


この櫛とハサミが入ったお守りは「福髪守」と言い、
理美容関係の人に人気があるのだそうです。


IMG_1146.JPG


これのご利益で技術向上、商売繁盛になると良いなぁ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント