夏バテの予防法

前回は夏バテの原因についてお話ししましたので、
今回は夏バテの予防法についてお話いたします

前回のお話の中で、夏バテの原因は大きく分けて3つあり、
それは、自律神経の乱れ、
高温多湿の環境による体力の消耗や発汗の異常、
熱帯夜による睡眠不足だとお話しました。

ですから
予防法も自ずとそれに対応すれば良いということになります ( ゚д゚) 。_。) ゚д゚) 。_。)ウンウン


人間の体は室外と室内の温度差が5℃以上になると、
自律神経が影響を受けると言われています。

エアコンは少し温度を高めに設定するなど、
室内が冷えすぎないように注意しましょう!

自分でエアコンの温度調節ができないところでは、
エアコンの風が直接当たらないように風向きなどを調節したり、
上着をを羽織るなどして冷えすぎないように工夫しましょう!



日中はできるだけ長時間外に出ないように心がけ、
外出時には帽子を被り直射日光を避けましょう!



水分補給はのどが渇いたと感じた時には遅いのです。
体重の3%に相当する水分が失われると、
脱水により身体の機能が低下してしまいます。

こまめに水分補給するように心がけましょう!

その際には、水ではなく麦茶やスポーツドリンクなどで、
汗で流出してしまった塩分やミネラル分を補うようにしましょう!


しかし、冷たい飲料をたくさん飲むと、
胃腸の負担が大きくなり機能が低下して、
逆に夏バテになりやすくなってしまいますので、
注意しましょう!


そして
夏バテ予防には、栄養、睡眠、運動のバランスが大切です



暑いと食欲がわかなくなるので、
ついついのどごしの良さやさっぱりした味覚に偏りがちになりますが、
必要なエネルギーやビタミンなどが不足して栄養バランスが崩れてしまいます。

量より質に重点を置いて、バランスの良い食事を意識し、
十分な栄養を摂ることで疲労回復を図りましょう!

特に良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかり摂取するように心がけましょう!



睡眠には心身の疲労を回復させる働きがあります。

なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、
適切な時間で質の良い睡眠を確保するようにして、
その日の疲れをその日のうちに取り除くように心がけましょう!


暑くて寝苦しいときは頭部を冷やすと良いでしょう!


夏バテ予防として、暑さや冷えた環境に負けない体づくりをするために、
軽い運動を生活の中に取り入れましょう!


特に、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がお勧めです。

また毎日の運動習慣は体力アップにもつながるだけでなく、
エネルギーを消費し食欲も増進し、
軽い疲労感により睡眠も取りやすくなります。

もちろん、運動には熱中症に注意が必要です。
気温や湿度、服装に気を付けて、
スポーツドリンクなど水分や塩分補給をこまめに行い、
体調が優れないときには無理をしないようにしましょう!


夏バテにならないためには、健康的で規則正しい生活習慣が大切です

暑い夏を乗りきるために、日常生活で出来る予防法をしっかりと行いましょう


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント