夏バテの原因

前回は夏バテの症状についてお話しましたが、
ではどうして夏バテになってしまうのでしょうか?
その原因をお話していきたいと思います。


夏バテの原因は大きく分けて3つあると言われています (。 ・д・)-д-)ふむふむ


まず1つ目の原因は自律神経の乱れです

特に、室内外の温度差によって引き起こされる自律神経の乱れが、
現代の日本人にとって最も大きな原因だと言われています。

体の体温調節は自律神経の働きによってコントロールされていて、
その都度外気に適応しようとしていますが、
猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻る時などの急激な温度差は、
体に大きなストレスとなって自律神経が乱れてしまうのです。

自律神経の乱れが胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振などを招き、
夏バテを引き起こしてしまうのです

また、冷房の効きすぎた部屋に長時間いることも、
体の冷えによるストレスから自律神経がうまく働かなくなり、
夏バテを引き起こす原因となってしまいます


2つ目の原因は高温多湿の環境による体力の消耗や発汗の異常です

日本特有の高温多湿の環境が続くと暑さによって体力が消耗し、
消化器官の機能低下が起きてしまい、
疲労感やだるさ、食欲不振などの症状が起こりやすくなり、
夏バテとなってしまいます

また、湿気が多いと汗の蒸発が妨げられてしまい、
発汗異常が起こりやすくなります。

そのため体内に熱がこもって体温調整がうまくできなくなるので、
疲労感や倦怠感といった症状が現れて、夏バテとなってしまうのです


さらに、長時間直射日光の下にいたり、
スポーツや外仕事などで汗を大量にかきすぎると、
水分とミネラル分の不足による脱水症状を引き起こしてしまい、
夏バテを引き起こしてしまいます

だからと言って、
逆に水分の摂り過ぎも体液のミネラルバランスを崩してしまい、
体調不良を引き起こしてしまうので、
水分の摂り方にも注意が必要です。


3つ目の原因は熱帯夜による睡眠不足です

夜間も温度が下がりにくい現代では、
寝苦しい熱帯夜によって寝つきが悪くなったり、
眠りが浅くなって睡眠不足に陥ることが多くなります。

人間の体は、その日の疲れを適度の睡眠によって、
ほぼ回復できるようにできています。
しかし、睡眠不足になると日中の疲労を回復することができず、
疲れが溜まってしまい夏バテを引き起こしてしまいます


他にも、暑さによる食欲の低下によるビタミンやミネラル分などの栄養不足。
暑くて動くと疲れるからと運動を控えた生活を続けたために、
血行不良を引き起こしてしまい、汗をかいて体温調節をする機能が衰える。
などと言ったことも、
夏バテの原因となってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント