四十肩・五十肩の痛み

前回は、
「四十肩・五十肩は肩の腱板が炎症を起こして痛みが生じる疾患で、
 腕を持ちあげるような動きが難しくなり、
 中でも腕を外側に回すような動作などは特に痛みを感じる。」
というお話をしました。


その四十肩・五十肩の痛みですが、
発症してから痛みの強い「急性期」
痛みは落ち着いているが肩の可動域が狭まる「慢性期」
痛みが改善する「回復期」に分けられ、
ほとんどの場合、経過と共に痛みは改善していき、
半年から1年程で自然に治ると言われているそうです



急性期は発症からおよそ2週間から1ヶ月の間で、
まず、肩のあたりが重苦しい感じになったり、
肩の関節がピリッと痛みが出るなどの鈍痛が起こります。

そして、肩周りの感覚が鈍くなったり、
首や肩のあたりに張りを感じるなどの感覚異常が起こり、
ズキズキとうずくような痛みが出たり、
肩を動かす際に激痛を感じるなどの疼痛がやってきます。

この時期は夜に特に痛みを感じる夜間痛や、
何もしなくても痛い安静時痛などの症状が起こり、
肩を動かす際に二の腕や手先にも痛みや痺れが伝わる場合もあります

こういった急激な痛みは数日間で治るのが一般的ですが、
安静が第一の大切な時期です。


急性期の痛みが治まってくると、慢性期となります。

急激な痛みや夜間痛や安静時痛などは治まり、
鈍い痛みへと変わってきますが、
過度に動かしたときに強い突っ張り感があったり、
肩が上がり難くなるなど、
可動域がだんだんと狭くなって肩関節拘縮が起こります。

これは急性期に起きた炎症の影響で、
動かさない状態が続くことで関節が硬くなるために起こります。

肩の可動域が狭くなるため、
着替えやシャンプーなどの日常生活に支障をきたす時期でもあります

急激な痛みが減ったからと言って無理をすると、
痛みがぶり返すことがあるので注意も必要です。


個人差もありますが、半年から1年が経過すると、
肩関節拘縮が改善してきて、
少しずつ腕が動かせるようになる回復期に入ります。

徐々に痛みが改善し、動かしても痛みが出なくなるため、
可動域も広くなります。

この時期は適度なストレッチなどで、
徐々に肩を動かしていくようにしていくと良いそうです。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント