四十肩・五十肩とは

前回は急に肩が傷みだして、四十肩、五十肩になってしまったというお話をしましたが、
実際には四十肩・五十肩とはどういう疾患なのでしょうか?


40代~60代に多いとされる四十肩・五十肩は、
正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、
原因は完全に明らかにはなっていませんが、
加齢により血液循環が悪化したり、
筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなったりすることで、
肩の腱板という組織が炎症を起こして関節包に広がり、
腫れや痛みが生じる疾患です。


初期老化の症状として40~60代の人に多く発症するため、
四十肩・五十肩と呼ばれるようになりました。


四十肩・五十肩による肩の痛みは、
よく肩こりと混同されがちですが、
肩こりはいわゆる「筋肉疲労」によって起こります。
一般的には筋肉の緊張からくる、血液循環の悪化が原因で、
習慣化した姿勢の悪さや、運動不足、ストレスにより筋肉疲労がおこり、
張りや痛みを引き起こします。

四十肩・五十肩は前述の通り、
加齢により肩の腱板が炎症を起こしている状態ですので、
肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みが出ます

そのため、腕を持ちあげるような動きが難しく、
中でも腕を外側に回すような動作などは、
特に痛みを感じるそうです ( ゚ω゚))コクコク

ただ単に痛みがあるというだけでなく、
肩をあげたり水平に保つのが難しくなるため、
普段行っているような動作でさえも困難になり、
日常生活に不便を感じる場合もあります。


各言うわたくしも、腕の動きが制限されてしまうため、
”とこや”の仕事に若干差し支えも出てしまっています

しばらくの間、お客様にはご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、
ご容赦下さい






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント