梅雨の頭皮ケア

今日15日は海の日ですが、あいにくのお天気ですね
今年の梅雨は本当に雨が多くて、
首都圏では1日の日照時間が3時間に届いていない日が続いていて、
これだけの記録は30年振り以上のことだそうです。
このままだと農作物にも大きな影響が出てしまいそうですし、
海やプール、山やキャンプなどを中心としたレジャー関連の業種や、
夏物衣料品やエアコンなどの冷房器具、
アイスクリームやビールなどの水物や冷たい食べ物などなど、
お天気が良くて暑くならないと多くの分野で消費が低迷し、
大きな影響が出てしまいますよね

あまりに暑過ぎるのも困りものですが、
早く梅雨明けしてお天気が回復して欲しいと思います。


そして
湿気が多くジメジメとしている上、気温や気圧の変動が大きい梅雨の時期は、
過ごしにくくて多くのストレスを感じやすい季節なのですが、
わたしたちの頭皮もまたストレスを受けやすい時期なのです ( *゚д゚)( *。_。)ウンウン


梅雨は高温多湿のために、頭皮からも汗や皮脂が多く分泌され、
頭皮が蒸れやすくなっています。

皮脂や汗で頭皮が蒸れた状態を放置していると、
皮脂が酸化してしまい常在細菌が繁殖しやすくなり、
嫌なニオイを発したり、ベタつきが起こったり、
カユミを伴ってそれが頭皮の炎症にしまうなど、
多くの頭皮トラブルの原因となってしまいます


また頭皮環境が悪化していると、
健康な毛髪が育ちにくくなり、
抜け毛や薄毛の原因ともなってしまいます


頭皮の蒸れや皮脂の酸化を抑えるためには、
頭皮を清潔にキープしておくことが重要です



頭皮に汗をかいたら、なるべく早めにタオルやハンカチで、
汗をふき取りましょう


仕事や外出で長時間帽子を被っている時は、
適度な感覚で帽子を取り、風通しを良くしましょう


皮脂や汚れが酸化して毛穴を詰まらせることを防ぐためにも、
その日の汚れを落とすように、毎晩必ずシャンプーをしましょう


梅雨の時期の頭皮ケアは、頭皮の汚れをきちんと洗い落とすことが大切ですが、
皮脂や汚れを落とそうとして1日に何度もシャンプーをしたり、
洗浄力の強過ぎるシャンプーを使うことは避けて、
頭皮環境を整える効果のある頭皮にやさしいシャンプーを選び、
指の腹を使って頭皮をマッサージするようにしながら洗いましょう


シャンプーをしたあとは、素早くタオルドライをしてドライヤーでしっかりと乾かしましょう

頭皮まできちんと乾かさずに生乾きの状態にしておくと、
せっかくきれいにした頭皮が蒸れやすくなってしまいます。


また、梅雨のこの時期のベタつきやすい頭皮のケアには、
ヘアーサロンのヘッドスパもおすすめです



毛穴の詰りを取り除き頭皮をきれいにして頭皮環境を整えて、
ゆったりとマッサージをして頭皮ストレスを解消します。

梅雨の頭皮ケアに最適のメニューですよ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント