シェイクの由来

今年も一昨日26日から期間限定で発売になった、
「マックシェイク ヨーグルト味」を飲みました


画像



ほんのり甘酸っぱいヨーグルトの風味と、
シェイク特有のクリーミーな舌ざわりがバランス良く、
とても美味しいです


ともすれば甘ったるくなり過ぎなマックシェイクですが、
ヨーグルトの酸味のおかげで、すっきりと飲むことができます

わたくし個人的には色々と飲んだマックシェイクの中でも、
トップ3に入る美味しさだと思っています


ところで、、、

マックシェイクのシェイクとはどういう意味だかご存知ですか?


シェイク(SHAKE)は英語で「振る」「振動させる」といった意味ですが、
そこから、液体などの入った容器を激しく振ること。
また、そのようにして作った 飲み物を指します。

バーテンダーがカクテルを作る時に使うシェイカー(SHAKER)も、
振って使いますよね?

シェイクも元々はミルクに砂糖などを入れて、
それを振って混ぜて作っていたことが由来です。


牛乳、卵黄、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るものは「フレンチスタイル」と呼ばれ、
牛乳、アイスクリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るものは「アメリカンスタイル」と呼ばれるそうです

つまり、マックシェイクは「アメリカンスタイル」のシェイクなのです (。 ・ω・))フムフム


ちなみにミルクセーキ(MILK SHAKE)のセーキとは、
シェイクが日本語になった際に、訛ってつけられた言葉なんだそうです。

なので、マックシェイクも ミルクセーキの一種なんですね。


また、マックシェイクの固さは、
赤ちゃんが母乳を飲む時の乳首を吸う力と同じになるように作られているのだそうです

「人間が口の中にものを吸い込むときに、もっともおいしいと感じるスピードは、
 母乳を吸うスピードなのである」
というのがその理由だそうです



今まで何も知らずに飲んでいましたが、
色々な訳があるんですねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント