チップにもチップを!?

今日、犬猫へのマイクロチップ装着の義務化などを柱とした改正動物愛護法が、
参院本会議で全会一致で可決、成立しました。



マイクロチップ装着の義務化には、飼い主を明示して、
犬猫の遺棄や虐待の防止につなげる狙いや、
災害時などに飼い主を特定しやすいといった効果があるそうです。 


マイクロチップの装着義務化の対象となるのは繁殖業者などで、
まずは業者の情報が分かる識別番号を記録したマイクロチップを、
獣医が皮膚に埋め込む。

マイクロチップは飼い主に販売するまでの間に埋め込むことが義務づけられ、
業者から犬猫を買った飼い主は、
マイクロチップの飼い主情報を変更する義務が生じます。


ちなみに、現在すでに犬猫を飼っている人については、
装着は努力義務となるそうです。



この他にも、犬猫を販売できる時期を、
現在は生後49日超から生後56日超(56日規制)とすることになりました。


これは幼いほど消費者の衝動買いを誘い、
将来、飼い主からの遺棄につながるなどとして、
愛護団体が導入を主張していたそうです。


また、動物虐待罪も厳罰化し、
殺傷した場合の法定刑を、現行の2年以下の懲役(または200万円以下の罰金)から、
5年以下の懲役(または500万円以下の罰金)とすることになりました。



施行日は原則として公布から1年以内。
ただし、56日規制は2年以内、マイクロチップ装着の義務化は3年以内だそうです。


我が家の愛猫チップはマイクロチップの装着はどうしようかなぁ???

家猫で外には出さないと言っても、万が一のこともあるので、
チップにもチップを装着した方が良いかなぁ

画像



昨年には大怪我していた野良の子猫を保護したけれど、
結局、安楽死させざるを得ないというとても悲しい出来事がありました。



あんな悲しいツラい思いをする犬猫たちがこれ以上増えないように、
みんなが責任もってペットを飼って欲しいと願います

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント