花粉皮膚炎とは

昨日は今年も花粉症の季節がやってきて憂鬱だと言うお話をしました。
これからの季節多くの人々を悩ませる花粉症の症状としては、
くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがよく知られていますが、
実は肌荒れによる肌の赤みやかゆみといった症状も花粉症の症状の一つなのです


花粉の影響を受けて起きる肌トラブルは「花粉皮膚炎」と呼ばれていて、
主に2月~4月のスギ花粉の飛散量が多い時期に症状が出る人が多いのです。



花粉性皮膚炎はお肌の乾燥や赤み、ガサガサする、
くすぐったいようなかゆみが出るなどが主な症状で、
目の周り、頬骨、あご、首など、お肌の露出が多い部分に発症しやすいのが特徴です。

皮膚が腫れあがったり、化膿するようなほどの重い症状にはなりにくいものの、
人によっては湿疹ができたり、皮膚の表面の角質がめくれてしまうこともあります。


さらに、元々アトピー性皮膚炎をもっている方の場合には、
花粉によって顔や首の皮膚炎が悪化しやすく、
全身の皮膚炎が悪化する場合もあるのだそうです


基本的にアレルギーのある人の細胞であれば、
スギ花粉のような原因物質が接触すると炎症という形でアレルギー反応が起きてしまいますが、
花粉皮膚炎はお肌のバリア機能低下により、
花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防げなくなることが原因となります。

ですから、前述のアトピー性皮膚炎の方だけでなく、
乾燥肌や敏感肌の人はお肌の刺激を受けやすくなっている状態なので、
花粉皮膚炎にかかりやすくなってしまいます

また、普段は特別敏感肌ではないという人も、
春先は乾燥の厳しい冬を過ごしてお肌がデリケートな状態になっていますので、
注意が必要です。


花粉からお肌を守る予防法として最も重要なことは、
花粉を肌に触れさせないことです



外出中はできるだけ花粉がお肌に触れないように、
メガネや帽子、マスクを着用しましょう!

外出から帰宅したら花粉を屋内に持ち込まないために、
帰宅時に上着についた花粉をよく払ってから家に入りましょう!



それと同時に、
お肌を健康な状態に保つことです



皮膚の最外層である角層には異物の侵入を阻止するバリア機能が備わっています。
しかし、お肌のバリア機能が低下してしまうと、
少しの刺激にも反応する敏感肌の状態になり肌トラブルが起きやすくなります

日頃からしっかりとスキンケアを行って、
お肌をすこやかに整えておきましょう!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック