乳液の種類

また少し間が空いてしまいましたが
今回もまたスキンケア、乳液のお話しになります。
前回は肌タイプ別の乳液の選び方についてお話しましたが、
乳液にはいくつかの種類がありますので、今回はそれをお話していきます


乳液の種類には、保湿乳液、UV乳液、ティント乳液があります

保湿乳液とは、一般的に普段使いされる乳液です。

洗顔後に使用した化粧水でお肌に補った水分をとどめる目的で使用する、
保湿成分を配合した乳液で、高い保湿効果を得ることができます。


UV乳液とは、紫外線を防いでお肌を守る働きをする機能が備わった乳液です。

紫外線から肌を守るためのUVカット効果と共に、
シミやくすみ、そばかすを防いで、
美白に導くための成分が配合されている製品が主流です。

紫外線対策と肌の保湿を一緒に行ってくれるので、乾燥対策にもなります。


ティント乳液は肌色に近い色素の化粧下地成分が含まれた乳液です。
ファンデーション効果があるため、ファンデーション乳液と呼ばれることもあります。


ティント乳液には保湿成分や紫外線防止成分が含まれている商品も多く、
その各機能は単品の製品より劣ってしまいますが、
「保湿効果+下地効果+紫外線対策」という機能を備えます。

ティント乳液1本で簡単なナチュラルメイクができてしまうため、
しっかりとメイクをしない方などには重宝する乳液です。


乳液はもともとお肌の保湿を目的としていますが、
それ以外にUV乳液やティント乳液で色々なシーンによって使い分けができます。

乳液の使用方法や種類を使い分けて、
健やかで潤いある美しいお肌を目指しましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック