と・こ・や・ぐ・ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アロエのお話

<<   作成日時 : 2019/02/01 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

冬場の乾燥肌対策に当店「カットハウス897(YAGUCHI)」でも取り扱いをはじめた、
韓国発祥のコスメブランドHolika Holika(ホリカホリカ)の「アロエ92% シャワージェル」を使って体を洗って、
お風呂上がりにHolika Holika(ホリカホリカ)の「アロエ99%スージングジェル」を使ってしっとり保湿をすれば、
冬場のカサついたお肌の方や、お風呂上がりに身体中が痒くなる方などに、
特におすすめですというお話をしました。


その中お話の中で、アロエは保湿効果が高く美容に効果的だと言いましたが、
アロエエキス入りのハンドクリームや化粧水などで、
常日頃からお肌のケアにアロエの成分を取り入れている方も多いかと思います
 ( *゚д゚)( *。_。)ウンウン

それ以外にも、火傷やケガの治療をはじめ、
様々な症状に万能な効果を発揮してくれるアロエは、
昔から”医者いらず”と言われて高く評価されてきました。



そこで今回からは、
美容面だけでなく、健康面でも多くの効果が認められて、
われわれの生活に大きく役立っているアロエについて、
少しお勉強していきたいと思います


アロエは熱帯アフリカ原産のススキノキ科アロエ属の多肉植物の総称で、
細長い葉がロゼット状につき、
肉厚な葉の中にあるゼリー状の組織に水分を蓄えて育ちます。

日本では古くは蘆薈(ロカイ) と呼ばれていました。

現在までに500種以上の原種が知られていて、
自生地では高さ20mの大木に育つ種類から、
高さ5cm程度の小型種まであり、変化に富みます。

多くの種類は性質が強健で、暑さや軽い霜程度の寒さに耐えるため、
初めて園芸をする人にとっても育てやすい多肉植物です。


日本には鎌倉時代に伝来したとされ、
主に海岸に逸出し帰化しているキダチアロエと、
食用として 流通しているアロエベラが有名です



キダチアロエは「木立アロエ」と書くように、
まるで木の幹から枝が伸びているかのように茎から葉が広がっていることから、
そう呼ばれるようになりました。
葉の幅は大きいもので5cm、厚さは1〜2cmほどで、
11月頃に赤い花を咲かせます。

キダチアロエは苦みが強いということもあり、
食用ではなく、主に観賞用や薬用として使われています。



アロエベラは葉が折り重なるように地面近くに葉が出ているので、
横から見ると逆円錐状に広がっているように見えます。
葉の幅は根元で10cm、厚さは3cmほどになり、
5月頃に黄色い花を咲かせます。

果肉が分厚くてしっかりとした食感があるため、
主に食品として多く使われていて、
アロエヨーグルトなどに含まれているのもアロエベラとなっています。

アロエベラは栄養価がとても高いということから、
スーパーフードにも認定されています。



そして、肝心なアロエの効果なのですが、、、

お話が長くなってしまうので、また次回以降にお話させていただきますね よろしく!(´・∀・`)ノ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アロエのお話 と・こ・や・ぐ・ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる